いらっしゃいませ ゲストさん

ミネラルファンデーションのVINTORTE > 30代におすすめの基礎化粧品・スキンケア特集

30代におすすめの基礎化粧品・スキンケア特集

30代に入ってから、以前にはなかったシミや乾燥ジワ・毛穴の開き・黒ずみなど肌のアラが気になってきて……、ということはありませんか?

20代後半から30代にかけて、様々な要因によって肌質は変わりがちに。また、これまであまり肌トラブルがなかった方も、30代以降ゆらぎやすい肌になることがあるのです。

そこでここでは、30代の肌状態や基礎化粧品・スキンケアアイテムの選び方と使い方、おすすめのスキンケアアイテムなどをご紹介します。

※基礎化粧品とは、クレンジング、洗顔料、化粧水、乳液、クリーム、美容液などのスキンケアアイテムを指します。

こんな方におすすめ

  • 30代になってから肌悩みが増えた
  • 20代から使っているスキンケアが合わなくなってきた
  • 年齢に合ったスキンケアの選び方を知りたい
  • 年齢に合わせて素肌力を育てたい

30代特有の肌事情とは?

30代になってから、20代の頃の肌とはなんだか違う……と肌のコンディションに悩み始める方は珍しくありません。

その理由は、年齢を重ねることで身体の内側から変化が起きているため。そこでまずは、30代以降の肌の変化について見ていきましょう。

① 乾燥・たるみ

20代後半から肌内部の水分量・水分保持力は減少傾向にあります。この肌の水分不足は30代に入るとさらに加速し、それまで乾燥肌でなかった方でも肌内部から乾いた状態に。

なぜなら年齢を重ねるごとに、角層(角質層)内に存在する水分保持成分セラミドを主とする細胞間脂質やNMF(天然保湿因子)、真皮層の保湿成分ヒアルロン酸を作り出す働きが衰えてしまうため。

加齢によるコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸減少の肌構造図

さらに、水分保持力とともにハリ・弾力を司るコラーゲン・エラスチンも減少したり衰えたりすることで、肌は乾燥しやすくたるみやすい状態になっているのです。

乾燥してたるみやすくなった肌は、乾燥ジワや毛穴の開きが目立つように。また、水分不足を補おうと皮脂が過剰に分泌されるようになり、表面はべたつきやすく肌内部は乾燥したインナードライ肌になるリスクも高まるのです。

② ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーとは、肌細胞の生まれ変わりサイクルのこと。一般的にターンオーバー周期は「約28日」と言われていますが、実はこれは20代のこと。30代では「約40日」かかるとされているのです。

ターンオーバーの滞りによって角層が厚く積もっている状態

ターンオーバー周期が長くなると、通常はアカとなって自然に剥がれ落ちるはずの古く硬い角質細胞が肌表面に長くとどまり、厚く積もります。すると、角層内の水分不足のほか、肌表面はごわついて透明感が減少。

また、紫外線などによって生まれたメラニン色素が自然に剥がれにくくなるため、色素沈着してシミになるリスクも以前より高まるのです。

30代向けの基礎化粧品・スキンケアの選び方

では、30代の乾燥しやすくシミ・シワ・たるみ・毛穴などの悩みが増える肌には、どのような基礎化粧品を選べばよいのでしょうか。

選び方① 保湿成分をチェックする

30代で現れやすくなる様々なエイジングサインの大元には、肌の水分不足・乾燥が挙げられます。

そのため20代の頃には乾燥トラブルがなかった場合でも、30代以降は「保湿」を第一に重視して、スキンケアを行うようにしましょう。

中には皮脂分泌が多く、ご自身の肌を「脂性肌」と思われている方がいらっしゃいます。ですが、実は肌内部は乾燥しているために、水分不足をカバーしようと毛穴から皮脂が過剰に分泌されているケースも否めません。

そのため「脂性肌だからさっぱりタイプのスキンケアのほうが合っている」と思われている方も、30代以降は保湿タイプの基礎化粧品をお試しになることをおすすめします。

■基礎化粧品に含まれる保湿成分例:セラミド、ヒアルロン酸、スクワラン、アミノ酸類(NMFの主成分)、コラーゲン、グリセリンなど

なお、化粧品に使用されるセラミドには、「ヒト型セラミド」「天然セラミド」「植物性セラミド」「合成セラミド」の4種類があります。

これらのなかで「ヒト型セラミド」は、ヒトの肌にあるセラミドの構造に似た特徴を持っていることから、肌との親和性が高く、角層までの浸透力が高いと言われています。

ヒト型セラミドの見分け方は、「セラミドEOP(セラミド1)」「セラミドNG(セラミド2)」のように、「セラミド」の後にアルファベットまたは数字が書かれているかどうかです。ちなみに植物性セラミドの場合は、「コメヌカスフィンゴ糖物質」「植物性セラミド」などと表記されます。

また、30代以降の乾燥肌は肌表面のバリア機能が衰えやすく、外部刺激が侵入しやすいゆらぎ肌や敏感肌になっていることも。

そのため、極力肌への乾燥・刺激リスクを抑えるために、アルコール(エタノール)不使用の基礎化粧品を選ぶことをおすすめします。

選び方② 肌悩みで成分をチェックする

保湿効果を第一にしながら、次にプラスとしてどのような肌悩みにアプローチする成分が配合されているのかをチェックしましょう。

たとえば、肌が荒れやすくなっていると感じるなら、整肌成分のグリチルリチン酸ジカリウム。

ハリ不足が気になるのなら、若々しい肌づくりをサポートする植物幹細胞エキスやビタミンA誘導体(レチノール誘導体:パルミチン酸レチノール、リノール酸レチノールなど)。

くすみや毛穴の黒ずみが気になるのなら、透明感を導くビタミンC誘導体やプラセンタエキス、トラネキサム酸などが配合されているかどうかチェックしてみましょう。

※ビタミンA誘導体(レチノール)は、乾燥肌・敏感肌の場合、刺激を感じることがあります。塗布後に肌に合わないと感じた時は、すぐに使用を中止しましょう。その他、肌に少しでも刺激を感じた場合は、無理に使い続けないようにご注意ください。

初めて使用するスキンケアアイテムに関しては、(サンプルがある場合)まずはサンプルで肌に合うかどうかお試しになることをおすすめします。

30代の方におすすめ!スキンケア商品一覧!

ボタニカルモイストウォッシュ

ボタニカルモイストウォッシュ

ボタニカルモイストウォッシュ

3,080円(税込)

★★★★☆4.51

肌のざらつき・毛穴汚れを潤い守って洗い上げる洗顔フォーム

もっちりとした濃密泡がクッションになり、肌に摩擦を与えずにやさしく洗い上げる洗顔料。植物由来の洗浄成分と京都産カイコまゆエキス配合で、肌に必要な水分・油分は残しつつ、毛穴に詰まった皮脂や汚れを落とします。
さらに、5種のヒト型セラミドと3種の植物幹細胞エキスが、潤いを与えて肌のバリア機能を整えます。

30歳

30歳

キメが細かく小鼻の汚れやざらつきがすっきり。乾燥しないので朝晩安心して使えます。

33歳

33歳

洗顔料で潤いや透明感に変化があるなんて驚き! 濃密モコモコ泡がクッションになって気持ち良いです。

39歳

39歳

乾燥肌だったのがしっとりとした手触りに。泡のキメが細かいので毛穴汚れも気にならなくなりました!

ミネラルシルクソープ

ミネラルシルクソープ

ミネラルシルクソープ

2,530円(税込)

★★★★☆4.25

潤いは残して、毛穴汚れや古い角質を吸着して落とす洗顔せっけん

古い角質を優しく落とす、京都産カイコまゆエキス配合の「枠練りコールドプロセス」石けん。保湿効果や肌整効果が期待できる、海洋性ミネラル成分が豊富な沖縄産クチャ(海シルト、海泥)が、ホコリや毛穴奥の皮脂汚れを吸着。粘り泡が乾燥肌・敏感肌をやさしく包み込み、くすみのないクリアな肌へ導きます。
肌を整えるムラサキ根エキス配合で、しっとりとした潤い肌に導く石けんです。

30歳

30歳

泡立ちが良くふわふわの泡がすぐに作れます。洗い上がりの肌は潤っているのにさっぱりしてキメが整う感じがします。

35歳

35歳

つっぱり感がなく、古い角質や毛穴汚れはすっきり。次に使う化粧水の肌なじみが良くなった気がします!

37歳

37歳

ナチュラルな潤いと粘りのある泡がお気に入り。肌が敏感になりがちな時期でも優しく洗えるので手放せません。

ボタニカルモイストクレンジングミルク

ボタニカルモイストクレンジングミルク

ボタニカルモイストクレンジングミルク

3,630円(税込)

★★★★☆4.70

メイクや毛穴汚れをやさしく落として潤すミルククレンジング

4種のヒト型セラミドや3種の植物幹細胞エキス配合で、メイク汚れはすっきり落としつつ、乾燥肌・敏感肌を潤してハリを与えるクレンジングミルク。
肌に必要な水分・油分は残して、潤い美容成分が乱れやすい肌のバリア機能を整えます。
植物由来の洗浄成分と京都産カイコまゆエキスが、毛穴に詰まった皮脂や汚れをオフ。メイク汚れを優しく浮かします。パッチテスト、スティンギングテスト済。

33歳

33歳

クレンジングは乾燥するイメージだったのが、こんなに潤いがあるなんてと驚きました!クルクル伸ばすのが楽しみに。

34歳

34歳

乾燥肌でもやさしくなじんで、メイク汚れはすっきり落ちます。W洗顔不要なのもうれしい。

37歳

37歳

メイクオフ後は肌の触り心地がツルツルするのがお気に入り!乾燥悩みも気にならなくなりました。

ボタニカルモイストローション

ボタニカルモイストローション

ボタニカルモイストローション

4,180円(税込)

★★★★☆4.70

乾燥しがちな敏感肌を潤いで満たし、
ハリを与えてみずみずしく保つ化粧水

4種のヒト型セラミドや3種の植物幹細胞エキスが、乾燥しがちな敏感肌に潤いとハリを与えて、バリア機能を整える化粧水。
ミネラル豊富なボタニカルウォーターが角質に浸透し、ハリのあるみずみずしい肌へと導きます。整肌・保湿成分(グリチルリチン酸やアラントイン)が肌荒れを防ぎ、乾燥によるエイジングサインにもアプローチするローションです。敏感肌パッチテスト済。

32歳

32歳

使うほどに肌がみずみずしくツヤが出てきました。刺激もなくて優しくしっとり感が続きます。

35歳

35歳

ハリと潤いのある肌ってこういうこと! 乾燥肌だったのがしっとりモチモチになって嬉しいです。

39歳

39歳

べたつかないのに潤い感◎。ライン使いでもっと潤うハリツヤ肌を目指します!

ボタニカルモイストセラム

ボタニカルモイストセラム

ボタニカルモイストセラム

5,280円(税込)

★★★★☆4.57

年齢サインが気になる乾燥肌にふっくらハリを与える美容液

5種の植物幹細胞エキスやヒアルロン酸、4種のヒト型セラミドやカイコまゆエキスが、敏感な肌に潤いとハリをプラスし、肌表面のバリア機能を整える美容液。
さらに、カミツレ花エキスやセイヨウオトギリソウ花エキスなどの植物エキスが、エイジングサインが気になる肌をひきしめて、キメの整った肌へと導きます。

34歳

34歳

乾燥と乾燥ジワが気になっていたのが、続けていたらふっくらみずみずしく! 一年中活躍してくれます。

37歳

37歳

潤いたっぷりですがなじませたらべたつかないので使いやすい。キメが整うのでお気に入りです。

38歳

38歳

使うほどに乾燥肌がみずみずしくなめらかになって、メイク乗りも良くなりました!

ボタニカルモイストクリーム

ボタニカルモイストクリーム

ボタニカルモイストクリーム

4,620円(税込)

★★★★☆4.27

敏感肌に潤いや美容成分を閉じ込め、
明るい肌に導くクリーム

保湿成分スクワランが肌の水分の蒸発を防いで、肌に潤いを閉じ込める保湿クリーム。6種のヒト型セラミドや3種の植物幹細胞エキスが、敏感な肌に失われがちな潤いとハリを与えて、肌表面のバリア機能を整えます。
さらに、整肌成分の油溶性ビタミンC誘導体が潤いを与えて明るい肌へと導き、使うほどにしっとりとしたハリツヤ肌へ。

33歳

33歳

伸びが良く、肌にハリが出るので毛穴悩みが気にならなくなりました。

36歳

36歳

うるおいたっぷりのテクスチャーで、肌に伸ばすのが気持ち良い! もっちりした肌になって嬉しいです。

38歳

38歳

乾燥性敏感肌ですが刺激なく、使い続けると肌にハリとツヤが出てきて驚きです。

日常に取り入れられる美肌習慣

先述したように、30代以降になるとターンオーバー周期が長くなったり、肌内部の保水成分やハリ・弾力を支えるコラーゲン・エラスチンなどの働きが衰えたり減少したりと、肌の状態に変化が訪れます。

その大きな原因のひとつが、女性ホルモンバランスの変化です。30代半ば以降になると、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの分泌量が減少。エストロゲンは別名「美肌ホルモン」とも呼ばれ、肌の潤いやハリツヤに影響を及ぼすホルモンです。

このように美肌づくりに関わる女性ホルモンバランスは、加齢だけではなく、ストレスや生活習慣などによっても影響を受けやすく、不摂生が続くとバランスが乱れやすいと言われています。

そのため、スキンケアで外側から健やかな肌を育てつつ、生活習慣においてもホルモンバランスを整えて身体の内側からも美肌づくりを目指しましょう。

① バランスのよい食事

肌を内側から健やかに育てるためには、食事からの栄養素が重要です。皮膚を構成する材料になるタンパク質やビタミン・ミネラルなどの栄養素を、毎日バランスよく摂取しましょう。

さらに、エストロゲンに似た働きをするとされるポリフェノールの一種「イソフラボン」も、毎日摂取するようにしましょう。イソフラボンは大豆イソフラボンとも呼ばれるように、大豆・大豆製品に多く含まれています。

また、脂質・糖質・食品添加物が多く含まれるジャンクフードや糖質の多いスイーツや清涼飲料水などを多量に摂取すると、腸内環境が乱れて栄養素の消化吸収率が悪くなります。

肌トラブルだけでなくホルモンバランスの乱れの原因にもなるため、できるだけ身体に良くない食品は控え、以下のような栄養素を含む食品・食材をバランスよく楽しむようにしましょう。

■タンパク質の多い食材・・・肉類、魚類、卵、大豆、大豆製品、乳製品など
■食物繊維の多い食材・・・・穀類(雑穀米、全粒パン、ソバ)、イモ類、豆類、野菜類(カボチャ、ゴボウ、ブロッコリー、大根、モロヘイヤなど)、キノコ類、ひじきなど
■ビタミンAの多い食材・・・レバー、卵黄、緑黄色野菜など
■ビタミンB群の多い食材・・・レバー、ウナギ、カツオ、マグロ、卵、納豆、牛乳、乳製品など
■ビタミンCの多い食材・・・果物類(アセロラ、キウイフルーツ、イチゴ、柑橘類など)、野菜類(パプリカ、ブロッコリー、芽キャベツ、ピーマンなど)
■ビタミンEの多い食材・・・アーモンド、アボカド、植物油など

② 質の良い睡眠

睡眠不足や浅い眠りが続くと、肌に影響を与えるホルモンバランスが乱れてしまいます。

というのも、ホルモン分泌の指令を出すのは脳の視床下部。睡眠不足になると脳の働きが低下するため、ホルモン分泌の指令がうまく出せなくなるのです。その結果、ホルモンバランスが乱れてしまうことに。

さらに、ホルモンバランスが乱れると自律神経も乱れてしまい、自律神経の乱れがホルモンバランスのさらなる乱れを招く悪循環に陥ってしまいます。

また、入眠3時間以内には脳下垂体から成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンはその日の肌ダメージを修復する働きがあるため、成長ホルモンが十分に分泌されないとダメージが蓄積されて肌トラブルが慢性化します。

質の良い睡眠を確保するには、就寝1時間前までにスマートフォンやPC、テレビなどから発せられるブルーライトを浴びないようにして、リラックスした状態で入眠の用意をしましょう。

30代向け正しいスキンケア方法

ここからは、美肌づくりに導く正しいスキンケア方法を見ていきましょう。

クレンジング

クレンジングはメイク汚れを落とすだけ、ではありません。クレンジングからスキンケアは始まっています!

まず、ウォータープルーフタイプのアイメイクやリップなどをご使用の場合、ポイントメイク専用リムーバーで優しくしっかりと落としましょう。その際、繊細で乾燥しやすいまぶたや口元に余分な摩擦を与えないようにご注意ください。

次に、保湿成分配合の肌に優しいクレンジング剤を手のひらで人肌に温めてから顔全体に伸ばし、こちらも余分な摩擦を与えないようにしながらメイク汚れを浮かして落とすようにします。

40秒程度でなじませたら、32〜34度程度のぬるま湯ですすぎ残しがないようにしっかりと洗い流しましょう。

洗顔

洗顔もまた、クレンジング同様スキンケアの始まりとして重要な工程です。

清潔な手のひら、もしくは泡立てネットに洗顔料を適量取り、少量の水を加えながら空気を含ませてたっぷりと泡立てます。その泡を手の平に取り、泡をクッションのようにして、手で顔の肌に摩擦を与えないようにゆっくりと丁寧に洗いましょう。

なお、泡をすすぐお湯は熱すぎると必要な皮脂まで溶かしてしまいます。ぬるま湯(32〜34度程度)で、すすぎ残しがないように、生え際やフェイスラインまでしっかりと洗い流しましょう。

化粧水

清潔にした手の平に500円玉大をとり、手の平で人肌に温めてから、頬やおでこなど面積の広い部分から顔全体にやさしくなじませます。最後に、手の平で顔全体を包みこんでハンドプレスします。

次に、先ほどの半分の量を手の平にとり、乾燥しやすい目元・口元に重ねづけします。最後にハンドプレスでじっくり浸透させます。

手に余った化粧水は、年齢サインの出やすい首すじやデコルテまでのばして、やさしくケアします。

美容液

メーカー指定の量(例:パール粒大)をとり、清潔にした手の平で人肌に温めます。その後、頬やおでこなど面積の広い部分から顔全体に、ムラなくのばしていきます。

次に、先ほどの半分の量を手の平にとり、乾燥しやすい目元・口元に重ねづけします。最後にハンドプレスでじっくり浸透・密着させます。

手に余った美容液は、年齢サインの出やすい首すじやデコルテまでのばして、やさしくケアします。

乳液・クリーム

化粧水・美容液が肌にしっかりと浸透した後、乳液・クリームを塗布します。

メーカー指定の量(例:パール粒大)をとり、清潔にした手の平で人肌に温めます。その後、頬やおでこなど面積の広い部分から顔全体に、ムラなくのばしていきます。

次に、先ほどの半分の量を手の平にとり、乾燥しやすい目元・口元に重ねづけします。最後にハンドプレスでじっくり浸透・密着させます。

手に余った乳液・クリームは、年齢サインの出やすい首すじやデコルテまでのばして、やさしくケアします。

30代向け基礎化粧品・スキンケアについてよくある質問

基礎化粧品・スキンケアについてのよくある質問を見ていきましょう。

基礎化粧品はライン使いしないといけない?

基本的には、メーカーがご用意しているスキンケアラインを統一してご使用になられたほうが、各アイテムの特長が引き立ち、相乗効果が期待できます。

ですが、肌質・肌状態によっては、同じラインであっても相性の良いアイテムとそうではないアイテムが出てきてしまうことがあります。そのような場合は、無理をしてライン使いをされる必要はないため、ご自分の肌の状態を確認して、ご使用になるアイテムを選ばれることをおすすめします。

化粧水はコットンよりも手で塗布したほうがよい?

コットン使用のほうがムラなく塗布できるメリットがあるものの、水分不足でバリア機能が衰えがちな乾燥肌・敏感肌の場合、できるだけ刺激を与えないためにも、コットン使用は避けていただいたほうがよいでしょう。

手のひらで塗布する時は、凹凸のある目元・口元・小鼻部分も丁寧に重ね付けをし、最後に清潔な手のひらで顔を包み込むことでムラなく付けることができます。また日々変化しやすい肌状態を把握できるメリットもあります。

よくある質問

VINTORTE(ヴァントルテ)のスキンケアアイテムに、エタノールは含まれていますか。
スキンケアライン「ボタニカルセンシティブシリーズ」を含む、VINTORTE(ヴァントルテ)の全製品には、エタノールをはじめ、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤、シリコン、タルク、鉱物油、パラベン、合成香料、合成着色料を使用していません。
9つの無添加処方、国内生産、品質管理の徹底をお約束しております。
ボタニカルモイストクリームに配合されている「油溶性ビタミンC誘導体」とはなんですか?
ビタミンC誘導体とは、そのままでは不安定なビタミンCを化粧品に配合しやすいようにした成分を指します。
ビタミンC誘導体の中でも、オイルに馴染みやすいため美容液やクリームに配合されるのを「油溶性ビタミンC誘導体」と呼びます。油溶性ビタミンC誘導体は、肌に馴染みやすく保湿性があるのが特徴的です。
ボタニカルモイストクリームは、油溶性ビタミンC誘導体をはじめ、スクワランやヒト型セラミドなどの保湿成分配合。過剰なベタつきを抑えて水分・油分バランスを整えます。
肌質に合うか試したいのですが、スキンケアライン全製品のサンプルはありますか?
大人の肌悩みにアプローチする敏感肌用スキンケアライン「ボタニカルセンシティブシリーズ」全5アイテムに、「ミネラルシルクファンデーション」「ふわふわエアリーパフ」「ミネラルCCクリーム」「シャンプー・トリートメント」がセットになった、お得な14日間トライアルセット(スキンケアは5日分)をご用意しております。

詳しくは以下のページをご覧ください。
>>ヴァントルテトライアルセット お試しセット14日分(全11アイテム)/1,480円(税込)

関連する特集