いらっしゃいませ ゲストさん

ミネラルファンデーションのVINTORTE > 肌荒れ時のベースメイクはどうする?敏感肌にも優しいおすすめ方法をご紹介

肌荒れ時のベースメイクはどうする?
敏感肌にも優しいおすすめ方法をご紹介

季節の変わり目や長時間のマスク着用、疲れが溜まっている時などに、「なんとなく肌の調子がいつもと違う」「吹き出物やかゆみが出やすい」「かさつきやざらつきが気になる」なんてことはありませんか?

肌荒れが気になる時は、いつも以上にスキンケアやベースメイクなど、肌に直接塗布するアイテムには気を使いたいもの。とはいえ、ベースメイクなしで無防備にお出かけするのも、様々な面で難しいですよね。

そこでここでは、肌トラブルが気になる時にご注意していただきたいスキンケア・ベースメイクでのポイントやベースメイクの選び方についてご説明します。

こんな方におすすめ

  • 季節の変わり目などに肌荒れしやすい
  • マスク生活で肌トラブルが気になる
  • 肌に負担をかけずにベースメイクを楽しみたい
  • 肌に合うベースメイクの選び方が分からない

肌荒れの悪化を防ぐためのポイント

紫外線や花粉・ホコリなどの外的刺激、マスクによる蒸れや着脱時の摩擦、誤ったスキンケア方法などによって、肌は常に刺激・乾燥リスクにさらされています。

また、ストレスや睡眠不足、運動不足、栄養の偏りや栄養不足など、生活習慣によっても肌の生まれ変わりサイクルであるターンオーバーは乱れやすく、肌を覆う皮脂膜と肌表面の角層が担う「バリア機能」が低下しがちに。

バリア機能とは、紫外線や花粉などの外的刺激の侵入を防ぎつつ、肌内部の水分蒸発を抑える、シャッターのような働きを指します。

乾燥やターンオーバーの乱れによって角層内の水分・油分バランスが崩れると、このバリア機能がさらに弱まるため、肌内部の水分がますます蒸発しやすくなります。すると結果的に、外部刺激が侵入しやすくなるため、ちょっとした刺激でも肌荒れが起きてしまう悪循環が生まれてしまうのです。

バリア機能低下と肌荒れの関係

そこで、すでにバリア機能が衰えている肌荒れ時には、悪化を防ぐために最低限、以下のことに注意するようにしましょう。

① 洗顔時はこすらず優しく

肌が敏感になっている時は、洗顔さえもおっくうになることもあるかもしれません。ですが、付着した花粉やホコリ、過剰に分泌された余分な皮脂や汗などが肌トラブルの要因になることも。

またメイクをしている場合、やはり一日の最後にはきちんと落として清潔に保つことも、健やかな肌を目指すには欠かせません。そこで気をつけるべきポイントは、洗顔の方法です。

洗顔する際は、洗顔料を良く泡立てて、手の平と顔の肌のあいだに挟んだ泡のクッションでマッサージするようにしてください。さらに、冷水や熱いお湯は避けて、32〜34度のぬるま湯で優しくすすぐようにしましょう。

髪の生え際やあご下のくぼみ、フェイスラインなど、細かい部分まですすぎ残しがないようにご注意ください。タオルで拭う時もゴシゴシとこすって摩擦を与えないように、肌にタオルを押し付けて水分を吸収させるようにしましょう。

② 保湿ケアを大切に

先述したように、肌が乾燥するとバリア機能は衰え、さらなる乾燥スパイラルから肌トラブルが起こりやすくなります。

そのため、特に肌荒れが気になる時は、スキンケア・ベースメイクともに保湿を重視して、保湿成分が配合されているアイテムを選ぶようにしましょう。

③ 紫外線(UV)対策を忘れずに

一年中降り注ぐ紫外線は、気づかないうちに肌の奥にまで届き、ターンオーバーを乱して肌荒れをはじめとした肌トラブルを招く要因となります。

そのため紫外線対策として、肌への負担が少ない低刺激性かつ日焼け止め効果のあるベースメイクアイテムを選ぶようにしましょう。

なお、紫外線は曇り・雨の日であっても地表に降り注ぎ、ガラスを通って室内にも侵入します。そのため、お天気の悪い日や室内で過ごす日であっても、紫外線対策を怠らないようにしてくださいね。

肌荒れ時のベースメイクの選び方

肌荒れが気になる時には、ベースメイクアイテムが刺激にならないように選びたいところ。できるだけ肌に負担の少ないベースメイクを選ぶには、どのような点に注意すればよいのか見ていきましょう。

ポイント① 石けんでオフできるかどうか

意外かもしれませんが、洗浄力の強いクレンジング剤を使うことで肌が乾燥して、バリア機能が衰えていることも。

特にすでに肌荒れをしている時には、クレンジングは極力避けて「石けんで落とせる」ベースメイクアイテムをおすすめします。

石けんで落とせるベースメイクの場合、配合成分も余分な添加物が少なく軽いテクスチャーのものが多いため、日中のつけている間も敏感な肌に負担が少なく過ごすことができます。

ポイント② 保湿成分が配合されているかどうか

スキンケアアイテムだけでなく、長時間肌に直接乗せるベースメイクアイテムでも保湿できるかどうかは健やかな肌づくりに欠かせません。

肌内部の潤いが不足し乾燥しやすくなっている肌荒れ時には、保湿成分配合のベースメイクで肌をカバーすることをおすすめします。

ポイント③ 紫外線対策ができるかどうか

肌荒れを引き起こす外的要因のひとつに、紫外線があります。そのため、ベースメイクで紫外線対策までできるのがおすすめ。

石けんで落とせる低刺激な成分を使いつつ、UVカット効果があるアイテムを選ぶことで、肌トラブルが加速しないように心掛けましょう。

肌荒れ時や敏感肌にもおすすめの
ベースメイク商品一覧!

ミネラルシルクファンデーション

ミネラルシルクファンデーション

ミネラルシルクファンデーション

ケース入・パフ付4,180円(税込)、ケース入・パフ無3,630円(税込)

★★★★☆4.37

パウダーなのにしっとりうるおう、
乾燥肌・敏感肌にやさしいミネラルファンデーション

メイクしているのを忘れるくらい軽いつけ心地ながら、ソフトフォーカス効果で毛穴やくすみをしっかりカバーする、ピュアシルク配合のパウダーファンデーション。
皮脂吸着パウダー配合で時間が経つほどに皮脂ときれいに混ざり、テカリを防ぎながら美しいツヤを与えます。また、敏感肌でも使いやすい肌触りの良いパフが、簡単にふんわりきめ細かい仕上がりを実現。
SPF25 PA++で日常の紫外線をカットでき、ピュアシルクパウダーの保湿力で「パウダーなのにしっとりうるおう」新感覚の肌が叶います。
敏感肌にやさしい低刺激処方で、シリコン、石油系界面活性剤・紫外線吸収剤など9つの無添加処方。石けんで落ちる処方。

29歳

29歳

柔らかいパフで軽くつけるだけで肌に自然なツヤが出てキレイに見えます。乾燥が気にならなくなりました。

36歳

36歳

パウダーはかさつくかもと心配だったのが、しっとりして嬉しい驚きに!下地なしでも使えるので毎日活躍してくれます。

48歳

48歳

肌に優しいのに崩れにくい、さらに石けんオフできるなんてすごい!使いだしてから肌に悩むことが少なくなりました!

ミネラルUVファンデーション

ミネラルUVファンデーション

ミネラルUVファンデーション

ケース入・パフ付4,180円(税込)、ケース入・パフ無3,630円(税込)

★★★★☆4.32

紫外線カット・ベースメイク・保湿ケアが叶う、
敏感肌にやさしい多機能UVミネラルファンデーション

紫外線カット(SPF50+ PA++++)・ベースメイク・保湿ケアがこれひとつで完了するミネラルUVファンデーション。ブルーライトも99.9%カットでき、外部刺激から肌を守って長時間くすまず透明感が続きます。
天然ミネラル成分と保湿力のあるピュアシルクパウダー配合で、一日中潤いが続いてくすみません。また、敏感肌でも使いやすい肌触りの良いパフが、簡単にふんわりきめ細かい仕上がりを実現。
敏感肌にやさしい低刺激処方で、シリコン、石油系界面活性剤・紫外線吸収剤など9つの無添加処方。石けんで落ちる処方。

31歳

31歳

程よくカバー力があるので、これだけでも肌がきれいに見えて重宝します。表面はサラサラで肌はしっとり感が続くのも◎。

44歳

44歳

紫外線カット効果が高くて軽やかなのがお気に入り。ポンポンするだけでキメが整って、化粧崩れも気になりません!

48歳

48歳

肌がゆらぎやすい時でも気にならずに安心して使えます。外部刺激から守ってくれるので一年中使ってます。

ミネラルUVクリーム

ミネラルUVクリーム

ミネラルUVクリーム

3,630円(税込)

★★★★☆4.18

ミネラルと9種の植物の力で乾燥・紫外線・環境ストレスから肌を守るUVクリーム

エーデルワイスを中心とした6種の植物エキスの働きで、乾燥ダメージを受けた肌をしっとりと包み込み、紫外線やPM2.5などの環境ストレスから肌を守るUVクリーム(化粧下地)。
紫外線をカットする紫外線防止効果(SPF50+ PA++++)やブルーライトカット効果で敏感な肌をカバーし、ローズヒップオイル、マカダミアナッツオイルやバオバブ種子油などの希少なオーガニック成分の植物オイルがキメを整え、肌にツヤとうるおいを与えます。
敏感肌にやさしい低刺激処方で、シリコン、石油系界面活性剤・紫外線吸収剤など9つの無添加処方。石けんで落ちる処方。

32歳

32歳

紫外線もブルーライトもカットできて、肌にしっとり感が出るのがうれしい!首元まで使っています。

41歳

41歳

見た目は白いクリームですが、なじむと透明感が出てトーンアップ。美容成分配合で使い心地の良さもお気に入りポイントです!

52歳

52歳

クレンジング不要でUVカット効果が高く、肌の乾燥やくすみをカバーしてくれるので毎日愛用しています。

ミネラルシルクメイクアップベース

ミネラルシルクメイクアップベース

ミネラルシルクメイクアップベース

3,080円(税込)

★★★★☆4.23

軽いテクスチャーでメイクしながらスキンケア!
クリアなつややか肌へ

ナツメ果実エキスなど6種の植物由来美容成分が肌にうるおいを与えながら、光反射効果で毛穴の凹凸や色ムラを整え、透明感あふれる肌へと導くメイク下地。
肌の奥からの内部反射光を増やすことにより、奥行きのある透明感あふれる肌へ導きます。軽いテクスチャーで肌にさっとなじみやすく、SPF28 PA++で日常生活での紫外線対策も叶えます。
敏感肌にやさしい低刺激処方で、シリコン、石油系界面活性剤・紫外線吸収剤など9つの無添加処方。石けんで落ちる処方。

34歳

34歳

さらっと伸びが良く、肌の負担が少なくてトーンアップしてくれます。キメが整う感じもお気に入り。

40歳

40歳

みずみずしいテクスチャーで乾燥肌がツヤ肌に。パウダーファンデーションとの相性も良くてしっとりします。

47歳

47歳

軽やかで肌なじみが良いので、肌がかさつく時でも使いやすい。肌の調子が上向きになって手放せません!

ミネラルCCクリーム

ミネラルCCクリーム

ミネラルCCクリーム

3,740円(税込)

★★★★☆4.35

日焼け止め・化粧下地・カラーコントロール・毛穴カバー・美容液の1本5役の多機能CCクリーム

ひと塗りで、うるおってツヤめく1本5役(日焼け止め・化粧下地・カラーコントロール・毛穴カバー・美容液)の多機能CCクリーム。
美容成分による優れたスキンケア効果、紫外線をカットする紫外線防止効果(SPF50+ PA++++)、気になる毛穴や凸凹をカバーするメイクアップ効果でナチュラルなツヤ肌を叶えます。
ミネラルとエーデルワイスエキス、オウゴン根エキスなどの6種の植物エキス配合。希少なオーガニック成分の3種の植物オイルがうるおいを与えて、酸化セリウムにより肌の色素沈着を引き起こすブルーライトからも肌を守ります。
敏感肌にやさしい低刺激処方で、シリコン、石油系界面活性剤・紫外線吸収剤など9つの無添加処方。石けんで落ちる処方。敏感肌パッチテスト済み。

31歳

31歳

カラーコントロール効果で肌の色が整って、程よいツヤ感で素肌をキレイに見せてくれます!

43歳

43歳

紫外線カット効果が高いのにきしまず、一日中肌の乾燥が気にならないのでお気に入りです。

51歳

51歳

マスクで荒れがちだった肌にもツヤが出て透明感が楽しめます。石けんオフできるのに崩れにくいのも◎。

ミネラルクリーミーファンデーション

ミネラルクリーミーファンデーション

ミネラルクリーミーファンデーション

コンパクト付・パフ付4,950円(税込)、レフィル・パフ付4,070円(税込)

★★★★☆4.40

うるおい閉じ込めながら、しっかりカバー。
塗った瞬間、サラサラに変化するクリーミーファンデーション

スクワランやホホバ種子油にミネラル成分を溶かし込んだ、クリームベースのツヤ肌ファンデーション。クリーミーなテクスチャーながら、塗った瞬間ミネラルパウダーが美容保湿クリームベースの上に並んで、肌表面はサラサラのしっとり美肌へ。
保湿成分のヒト型セラミドや植物幹細胞エキスが肌に潤いを与えて、ポリクオタニウム-51 がPM2.5や花粉などの外的ストレスから肌を保護。紫外線カット効果(SPF35 PA+++)もあります。
敏感肌にやさしい低刺激処方で、シリコン、石油系界面活性剤・紫外線吸収剤など9つの無添加処方。石けんで落ちる処方。

33歳

33歳

乾燥肌にはうれしい保湿力で、肌表面はべたつかないのでお気に入りです。最後にハンドプレスすると密着感がアップしてGOOD!

44歳

44歳

化粧ノリがあまり良くなかったのが、これを使ってから肌に潤い感がアップしてハリ肌に。石けんで落ちるのもいいですね。

51歳

51歳

しっとりしているのにヨレにくくて、美容成分が一日中肌をカバーしているみたい。気になる部分に重ねても厚塗り感なく、元から素肌がキレイに見えます!

肌荒れ時のベースメイクの注意点

肌荒れをしている時は肌がいつも以上に繊細に。そのためベースメイクをする時には、以下のような点に注意しましょう。

① メイクツールは清潔にしておく

パフやスポンジ、ブラシなどの道具を使う場合は、雑菌のついていない清潔なアイテムを使用するようにしましょう。

また、手・指を使用してメイクする場合も、事前によく洗い、手の雑菌が顔の肌につかないようにご注意ください。

② 使用アイテムを少なくする

ベースメイクで肌荒れ部分をカバーしたくなりますが、たくさんのアイテムを塗り重ねると負担が大きくなるかもしれません。

そのため、極力肌に塗るアイテムを減らすことで、肌への刺激を少なくしましょう。

化粧下地なしで塗布できるUVカット効果のあるファンデーションや、保湿美容成分入りの化粧下地+パウダーファンデーションなど、肌状態にあったアイテムを組み合わせてベースメイクを楽しんでくださいね。

よくある質問

VINTORTE(ヴァントルテ)のファンデーションは、メイク下地なしで素肌につけられますか?
洗顔後、スキンケア(化粧水・美容液・保湿クリームなど)でお肌を整えていただいた後に、VINTORTE(ヴァントルテ)のファンデーションをご使用ください。
仕上がりのお好みによっては、お化粧下地・CCクリームなどと組み合わせてご使用いただいても結構です。
肌荒れしやすい乾燥性敏感肌なので、シンプル処方の肌に優しいベースメイクを探しています。VINTORTE(ヴァントルテ)の製品は石けんで落ちますか?
VINTORTE(ヴァントルテ)の化粧品は全て、敏感肌にやさしい低刺激処方で、9つ(石油系界面活性剤・紫外線吸収剤、タルク、シリコン、鉱物油、パラベン、エタノール、合成香料、合成着色料)の無添加処方です。
そのため全製品、クレンジングは必要ありません。すべて洗顔料(石けん)とぬるま湯で落としていただけます。ただし、洗顔の前に必ずぬるま湯で予洗いをしてください。
なお、他社の要クレンジングの商品を併用されている場合は、クレンジングが必要となるためご注意ください。
肌荒れしやすいので、ファンデーションや下地が肌に合うか気になります。サンプルはありますか?
お色味を3色から選べる「ミネラルシルクファンデーション」に、「ふわふわエアリーパフ」「ミネラルCCクリーム」「シャンプー・トリートメント」、敏感肌用スキンケアライン「ボタニカルセンシティブシリーズ」全5アイテムの5日分トライアルがセットになった、お得な14日間トライアルセットをご用意しております。

詳しくは以下のページをご覧ください。
>>ヴァントルテトライアルセット お試しセット14日分(全11アイテム)/1,480円(税込)

関連する特集