ベタつくゴワつく春夏のテカリ対策!ベースメイクとスキンケアで皮脂を抑えましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1743

毎年春夏になると悩まされる肌トラブル。中でも「ゴワつき」と「ベタつき」が、春夏になると最も増える肌の悩みです。

日差しの下の女性

「このシーズンは何をやってもダメ」「仕方がない」とあきらめていた肌ダメージを、今年の春夏は何とかしてみませんか? 春夏の肌対策におすすめのUV・保湿ケアとフェイスパックをご紹介します。

◆春夏の肌トラブルは「ゴワつき」と「ベタつき」

普段は自分の肌に鈍感な女性も、見た目や肌触りで春夏の肌トラブルには気づくものです。

春夏に最も強く肌に影響を与えているのは「紫外線」--蓄積されたメラニンによるシミが増えるだけでなく、紫外線は肌奥で弾力を作っているコラーゲンまでも破壊するため、一気に肌がたるんで老化します!

さらに、春から紫外線ダメージが蓄積されているお肌に、夏の強烈な紫外線によってさらに追い打ちがかけられます。するとお肌の細胞が生まれ変わる「ターンオーバー」が正常に行われないように……。

通常28日周期で肌が生まれ変わるターンオーバーですが、遅すぎると古い角質細胞が剥がれ落ちずに残ったままとなります。

そのせいで、肌が固くゴワつくのです。なおターンオーバーが早すぎると、今度は角質細胞がキレイに育っていないために未熟な肌になり、細胞同士の間で隙間ができるために水分保持ができません。

そのためバリア機能が低下し、水分不足を補うために皮脂が過剰に分泌され、ベタついた肌になってしまいます。

◆春夏の肌へは紫外線と乾燥対策

肌対策の春夏の強化ポイントは、「紫外線対策」と「乾燥対策」の両立が絶対条件!

日焼け止めクリーム(UVクリーム)は欠かせませんが、刺激の強い日焼け止めクリームは肌への負担も強力です。汗で流れ落ちた日焼け止めクリームを補うためにも、低刺激のものをこまめに塗り直すようにしましょう。

また、暑くなるにつれてつい忘れがちな保湿ですが、乾燥対策に効果を発揮するのは保湿ケアです。

春夏になると汗や皮脂汚れが気になり、いつもよりゴシゴシ洗顔してしまうという女性は少なくありません。しかしこのゴシゴシ洗顔で肌は乾燥してしまいます。

さらに日中は汗による水分蒸発で、常に乾燥している状態。意外に乾燥しているのが、春夏の肌なのです!

ベタつきが気になるからと保湿ケアをせずにいると、肌を守るための皮脂が過剰分泌し、余計にベタベタを引き起こしますよ。

※脂性肌と思われている方も、実は乾燥からくる皮脂分泌過多の場合があります。

◆皮脂をブロック&うるおいキープなマット系下地

ミネラルシルクマットベース

「汗や皮脂でくずれやすい」「毛穴が気になる」「Tゾーンのテカリが気になる」……、こんな肌悩みを抱えているのなら、ファンデーション前のメイク下地を見直してみてはいかがでしょうか。

VINTORTE(ヴァントルテ)の「ミネラルシルクマットベース」なら、皮脂吸着パウダーが余分な皮脂を吸着。耐皮脂コーティング処方で、皮脂を内側に抱えこみ、1日中皮脂を広げることなくさらりとした陶器肌をキープします!

さらには低刺激かつ高い保湿力を持つ「ヒト型セラミド」配合で、メイクしながら肌にうるおいを与えて乾燥を防ぐ優れものです。

色素沈着を引き起こすブルーライトも97.5%カットしてくれるため、スマホやPCなどが手放せない現代人のスキンケアにも最適。石けんでオフできるので、クレンジングによる乾燥リスクも避けられる人気の化粧下地です!

ミネラルシルクマットベース 詳細はこちら

◆透明美肌が続く日焼け止めパウダー

ミネラルUVパウダー

クリアなUVパウダーが肌にやさしく紫外線をカット。UVA・UVBから肌を守るノンケミカルの日焼け止めパウダー「ミネラルUVパウダー」!

色がつかないクリアタイプのため、肌色を選ばずにご使用頂け、軽い付け心地でメイクの上からでも何度でも塗りなおし可能。一日中潤いながらサラサラ肌をキープできます。

石油系界面活性剤・紫外線吸収剤などお肌に負担のかかる成分使用していません。「石けんで落ちる」ほどお肌に優しいUVパウダーです!

ミネラルUVパウダー 商品詳細はこちら

◆ツヤ肌もUVカットも叶う多機能UVファンデーション

新ミネラルUVファンデーション

軽いつけ心地なのに、毛穴やクスミもしっかりカバー! ナチュラルベージュのカラーがついているファンデーションなので、ササッとこれだけオンするだけでベースメイクが完了します。

シリコン、石油由来界面活性剤、タルク、紫外線吸収剤は不使用。毛穴をふさがず、石けんで簡単にメイクオフできます!

ミネラルUVファンデーション 商品詳細はこちら

◆春夏の肌対策におすすめのフェイスパック

紫外線や乾燥対策を行った肌に、フェイスパックでさらにワンランク上のスキンケアをしましょう。

パックはたくさん種類があり、どれを選べばいいのかよく分からないという女性も多いのではないでしょうか。目的に合った美容成分配合のものを使用した方が、気になる肌悩みにも効果的です。

■保湿パック

ターンオーバーの乱れから乾燥をしている肌へは、ヒアルロン酸配合の保湿パックを。

ヒアルロン酸は水分保持に効果があります。

■クレイパック

ターンオーバーが乱れるとメラニンが活性化します。メラニンを生成するのは、酸化酵素。

ビタミンC誘導体は、その酸化酵素の働きを抑制します。ビタミンC誘導体配合のクレイパックは、美白も期待できますよ。

■炭酸パック

配合されている美容成分に関わらず、炭酸パックには毛細血管に二酸化炭素を吸収させる役割があります。

その結果、血行が良くなるため、毛穴を広げて皮脂汚れや詰まったメイク汚れが取り除きやすくなります。

■野菜パック

一昔前に流行ったレモンの輪切りを使ったパックですが、肌への刺激や成分の問題から、今ではレモンパックを目にすることがなくなりました。

キュウリにもレモンと同様に、紫外線に反応しメラニンを増加させる「ソラレン」という成分が含まれているため注意が必要です。

ただしキュウリは水分が豊富なため、保湿を目的にすりおろしたキュウリでパックをするのは良いでしょう。その際はしっかり洗い流すようにしてください。

またトマトに含まれる「リコピン」は、メラニンを抑えると言われています。つぶしたトマトを顔にのせ、10分後に洗い流すトマトを使ったパック方法もあります。

※お肌に異常を感じた場合は、すぐに使用をお止めください。

◆フェイスマスクを効果的に使うための注意点

美容成分をたっぷり含んだシートタイプのフェイスマスクは、手軽に使用できて大変おすすめ。顔の形のマスクを貼るだけなのでとても簡単ですが、効果的に使うためには、次の注意点があります。

まず、フェイスマスクのタイミングですが、入浴後の化粧水を塗った状態で行いましょう! 冷たいマスクを顔にのせると毛穴が収縮するため、袋に入ったままのマスクをお湯につけて、温かくしてから使うのもポイントです。

◆フェイスマスクの長時間使用はNG!?

意外に知られていないのが、フェイスマスクの長時間の使用はNGなこと!

マスクに含まれた美容成分をたっぷりお肌に吸収させようと、長い時間そのままの状態でいると、逆にお肌の水分がマスクに移ってしまい、お肌の乾燥を促進させてしまいます。必ず時間厳守でパックしてくださいね。

さらにフェイスマスクを外した後は、油分を含む美容クリームや美容オイルを塗り、肌に染み込んだ成分を逃さないようにしましょう!

キュウリパックの女性

暑い夏は汗がなかなか引かずに、スキンケアが後回しになることも多いでしょう。しかし、夏のスキンケアを怠ると、その後の季節も肌トラブルを引きずってしまいます。

春夏スキンのゴワつきやベタつきを防ぎ、肌の老化を防止するため、日中もかかさず保湿や紫外線対策を行い、週に一度のパックケアでワンランク上の肌を目指しましょう。

◆乾燥トラブルが絶えないなら、セラミド補給が必要かも!

ボタニカルセンシティブシリーズ_ トライアルセット

「セラミド」とは、肌にもともとある天然の保湿成分。肌の表面にある角質層で水分や油分を抱えこみ、肌内にうるおいを閉じ込めてくれる働きがあります。

この「セラミド」の減少こそが、乾燥や乾燥からくる肌荒れ、しわなどの根本的な原因。そのためセラミドを補給することが、スキンケアの基礎と言えます。

そこでVINTORTEでは、浸透力の高いヒト型セラミドを贅沢に配合したスキンケアシリーズをご提案します! 洗顔から仕上げの保湿クリームまで、ぜひ一度「5日感トライアル」をあなたの肌で実感してみてください。

ボタニカルセンシティブシリーズ トライアルセット各商品詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VINTORTEトップページBEAUTY JOURNALトップページ