日焼けはやけど!?日焼け対策の重要性|日焼けで肌がひりひりする時の応急処置方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

930

夏になると気になるのが肌の日焼け具合。健康的に焼けた小麦色の肌も美しいですが、やはりその後のシミが気になる女性は多いですよね。

日焼け止めを塗る女性

さらには、日焼けをすると肌が真っ赤になり、ひどい場合には腫れて炎症を起こしてしまう肌質の方もいるため、やはり日焼け対策は重要!

そこでここではどうして日焼け対策をするべきなのかご説明し、おすすめの日焼け対策方法についてご紹介します。

◆日焼けはやけどに分類

まず、日焼けとはそもそもどのような状態を指すのでしょうか。

意外かもしれませんが、日焼けは「やけど」の一種として考えられています。

やけどのレベルを表す「1度熱傷」(軽度)「2度熱傷」(中度)の範囲に当てはまり、「1度」の場合で表皮まで、「2度」の場合で真皮上層までダメージが起こっているとされています。

つまり、軽度のやけどレベルの日焼けでは、肌は赤くなってひりつき、中度のやけどレベルの日焼けでは、肌奥まで紫外線ダメージを受けて「水ぶくれ」までも発生してしまうのです。

■表皮層、真皮層について詳しくはこちらの記事でご説明しています。
『植物幹細胞がお肌年齢を若返らせる!?幹細胞の役割と植物幹細胞のスキンケア効果について』

◆色白さんは日焼けしにくい?

「日焼けがやけど状態というのは分かるけど、私は日焼け後すぐに真っ黒になるのに、友達は赤くなるだけで黒くならないのはどうして?」と、疑問に感じている方もいるのでは?

日焼けには「サンバーン(sunburn)」「サンタン(suntan)」の2種類があり、前者は赤くなった後で黒くならないタイプ、後者は赤くなる前にすぐに黒くなるタイプ、なのです。

サンバーンになる方は主に色白の方に多く、サンタンになる方は主に色黒の方に多いのが特徴的。

なぜなら色白の方は元々肌のメラニン色素の合成力が弱く、色黒の方ほどメラニン色素の合成力が強いからなのです――この説明を聞くと、「色白でメラニン色素の合成力が弱いほうが『日焼けしにくい』」と思われるかもしれませんね。

しかし実際には、色白の方は「日焼けしにくい」のではなく、「紫外線ダメージをより受けやすい」といったほうが正確です。

紫外線を浴びた際に肌奥でメラニン色素が作り出されるのは、紫外線ダメージから肌細胞を守るためであり、体の「防御作用」のひとつ。

日焼けとメラニン色素発生イメージ

そのため紫外線を浴びても黒くならない(=メラニン色素が作り出されない)ということは、それだけ紫外線によってやけど状態になりやすい、ということを意味するのです。

色白肌に憧れる女性は少なくないですが、紫外線による肌トラブルのリスクが高いという点も覚えておきましょう。

もちろん色黒肌であっても、「色白肌よりは紫外線ダメージを受けにくい」という比較の問題です。きつい日差しの元、日焼け予防をせずに紫外線を無防備に浴び続ければ、先述したようにやけど状態となってしまうため、油断はできません!

また紫外線を浴びることで体内では活性酸素が発生し、その後も細胞を老化させてしまいます。肌のターンオーバーが乱れれば、メラニン色素は剥がれ落ちることなく居座り、シミやくすみとなることもお忘れなく。

◆肌がひりひりしだしたら

もしもひどい日焼けをしてしまい、ひりひりと肌に痛みがでてしまった場合は、すぐに皮膚科を受診することをオススメします。

応急処理としては、とにかく冷やすことを第一に行いましょう! 冷たい濡れタオルや、タオルでくるんだ氷を肌に当て、やけどの熱を取るようにしてください。

さらには、あまり知られていませんが、市販の非ステロイド系消炎鎮痛剤(頭痛・生理痛向け鎮痛剤)も、日焼けによる痛みや炎症を多少抑えることができます。

※すぐに受診できない場合などの応急処置としてお考えください。

なお、水ぶくれになっているならば、決して自分で潰したりはしないこと! 繰り返しますが、すぐに皮膚科で適切な処置を受けましょう。

日焼けで赤くなった腕

そこまでひどい日焼けではない場合は、保湿を重視したスキンケアを行ってください。日焼け後は体も肌も水分を欲しています。たくさん水分摂取をして、肌には保湿スキンケアで失われた水分をたっぷりと補給しましょう!

◆日焼け対策は年中無休で!

ここまでを読んでみて「日焼けは怖いから、夏は日焼け予防しなくっちゃ!」と思われた方――紫外線は1年中地上に降り注いでいることを忘れないで!

1年のうちで紫外線量が多いのは5月から8月と言われていますが、当然ながら紫外線は季節に関係なく、ずっと太陽から届いています。

さらにはどれだけ日傘や帽子で防いでも、地面に反射したり空気中のチリ・ホコリなどに反射したりなどして、紫外線が全方位から肌に当たるのを防ぐのは至難の業。紫外線は窓ガラスさえも通って室内に入り込んできます。

ダメージのない美しい肌をいつまでも保つためにも、日焼け対策は万全に、を心がけてくださいね。

◆お得なトラベルセットでお手軽日焼け対策!


ミネラルコスメブランドのVINTORTE(ヴァントルテ)の人気UVケアアイテムとスキンケアアイテム(トラベルセット)がオリジナルトートバッグに入った、お得な夏限定セットが2タイプで登場!

夏休み限定!UVトラベルセット

■ミネラルCCクリーム(CCクリームトラベルセット)


日焼け止め・化粧下地・毛穴カバー・カラーコントロール・美容液の1本5役のSPF50+PA++++多機能クリーム(顔用)。
SPF50+PA++++ミネラルCCクリーム
美容成分配合で、メイク中もお肌をケアしながら、紫外線をカットし、「ブルーライト」や、環境ストレスによる外部刺激からも、お肌をやさしく守ります。

※ミネラルCCクリームの詳細情報・単品購入はこちらをクリック

■ミネラルUVクリーム(UVクリームトラベルセット)


100%自然素材で作られたSPF50+PA++++のリキッドタイプの日焼け止めベース(顔・体用)。
新ミネラルUVクリームメイン
紫外線をしっかりと防ぎながら、エーデルワイスを中心とした6種の植物エキスと3種の植物オイルが、乾燥ダメージを受けた肌をしっとりと包む込み、キメを整えます。

また、PM2.5などの大気汚染物質が影響してくる「環境ストレス」からも肌をガード。なめらかに伸びてべたつかず、顔全体をトーンアップさせ、ナチュラルなツヤを与えます。

※ミネラルUVクリームの詳細情報・単品購入はこちらをクリック

ミネラルCCクリーム、ミネラルUVクリームともにクレンジング不要、石けんで落とせるほどにお肌に優しい日焼け止めクリームです!

■ボタニカルセンシティブシリーズ(敏感肌用エイジングケアスキンケアライン)


現代のライフスタイルによって、ちょっとした外部刺激でも反応しやすい「敏感肌」の方が増えています。

そこでヴァントルテが開発したのが、大人の敏感肌用エイジングケアを叶える「ボタニカルセンシティブシリーズ」。
ボタニカルセンシティブシリーズ
ビタミン、ミネラル豊富な「ボタニカルウォーター」、「ヒト型セラミド」「植物幹細胞3種」がバランスよく配合されている、大人の敏感肌のためのスキンケアラインです。

この「ボタニカルセンシティブシリーズ」全5アイテム(クレンジング、洗顔料、化粧水、美容液、クリーム)5日分を、持ち運びに便利なミニポーチに入れてご用意したのが「トラベルセット」。

あなたに寄り添うボタニカルセンシティブシリーズで、旅先でも肌と心のバランスが整った毎日を!

※ボタニカルセンシティブシリーズ(トラベルセット)の詳細情報・単品購入はこちらをクリック

■期間限定!お得な「CCクリームトラベルセット」「UVクリームトラベルセット」の詳細はこちら!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VINTORTEトップページBEAUTY JOURNALトップページ