植物幹細胞がお肌年齢を若返らせる!?幹細胞の役割と植物幹細胞のスキンケア効果について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2820

ここ数年でちらほらと聞かれるようになった「幹細胞」――最新技術を駆使した美容成分として、スキンケアやヘアケア製品に使用されるようになってきています。

とはいえ「幹細胞」という言葉を聞いて、みなさんはどのような印象をお持ちでしょうか?「なんとなくエイジングケアに効きそうだけど、実際のところ幹細胞って何?」という疑問があるのではないかと思います。

スキンケアアイテムを持つ女性

そこでここでは、幹細胞について簡単にご説明し、最近注目度が高まっている代表的な植物幹細胞についてご紹介します!

◆人間が持つ幹細胞の役割

人間の体はごく小さな細胞が寄り集まって構成されています。とはいえ、それら細胞は寿命が尽きるまで全く同じなのではなく、絶えず入れ替わり、足りなくなった細胞は新しい細胞で補われ、古くなった細胞は新しい細胞に生まれ変わっています。

このように細胞の入れ替わりを行う役割を担っているのが「幹細胞」です。幹細胞は皮膚や内臓など多くの種類の細胞を作り出す「分化能」という能力を持ち、さらには同じ能力を持つ幹細胞を作り出す「自己複製能」という能力も持ちます。

◆組織幹細胞と多様性幹細胞

さらに「幹細胞」は2種類に分けることができます。

1つめは、決まった部位の細胞のみを再生できる「組織幹細胞」。2つめは決まった部位ではなく、あらゆる部位の細胞(組織幹細胞も含めて)を再生できる「多能性幹細胞」です。

ちなみに2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞し注目を集めた「iPS細胞」は、人工的に作られた「多能性幹細胞」です。

幹細胞を使って傷ついた細胞を再生させる治療方法「再生医療」は、先進医療の現場で現在も研究が進められているのです。

◆お肌に関わる幹細胞の働き

ではスキンケアの観点から幹細胞に目を向けると、どのような幹細胞が存在するのでしょうか――その答えは「真皮幹細胞」と「表皮幹細胞」の2つ。

真皮幹細胞とは、肌の奥にある層「真皮層」に存在する幹細胞を指します。

真皮層はお肌のハリや潤いを司る「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」がある場所。さらにはこれらを作り出す大元の「線維芽細胞」も存在しますが、真皮幹細胞はこの美肌づくりに重要な線維芽細胞を生み出す役割があるのです。

次に表皮幹細胞とは、肌表面の層「表皮層」に存在する幹細胞を指します。

表皮は肌の生まれ変わりであるターンオーバー(新陳代謝)に関わる場所。表皮幹細胞は「表皮角化細胞」を生み出すことで、ターンオーバーを正常にし、肌表面の角質をきれいに保つのです。さらに表皮幹細胞は、保湿成分「ヒアルロン酸」を産出する働きがあることも判明しています。

◆植物幹細胞とは

ではここで植物幹細胞について見ていきましょう。

植物もまた動物と同じく、複数の細胞が集まり構成されています。そして植物にも、傷ついた細胞を再生させる「幹細胞」が備わっています。

この植物幹細胞に注目が集まるようになったのは、世界中の過酷な環境下で、何百年、何千年と生息する、生命力にあふれた植物たちの存在によります。

これら世界各地に生育する植物たちが持つ命の源とも言える「植物幹細胞」。そのなかでも、スキンケア成分として有効とされ、注目度が高まっている植物幹細胞がいくつかあります。そこで次に、以下の3つをご紹介します。

◆植物幹細胞1.ロドデンドロンフェルギネウム葉培養細胞エキス

スイス・アルプスで生育する高山植物「アルペンローゼ」(ドイツ語で「アルプスのバラ」の意味)。アルペンローゼはツツジ科の樹木であり、夏にはピンクから濃紅色の花を咲かせます。

アルペンローゼ

スキンケア製品に配合される、アルペンローゼから取られた植物幹細胞のエキスは「ロドデンドロンフェルギネウム葉培養細胞エキス」と表記されます。

スキンケア効果として、表皮幹細胞を活性化させ、紫外線などの外部刺激から肌細胞を守ると言われています。

◆植物幹細胞2.アルガニアスピノサカルス培養エキス

モロッコ南西部(半砂漠地帯、サハラ砂漠)に生育する「アルガンノキ」(アルガンの樹)から取られた植物幹細胞のエキスは「アルガニアスピノサカルス培養エキス」と表記されます。

アルガンノキ

スキンケア効果として、真皮幹細胞を活性化させると言われています。

ちなみにアルガンノキの種子から採取される油が「アルガンオイル」であり、こちらもスキンケアアイテムとして古来より重宝されています。

◆植物幹細胞3.リンゴ果実培養細胞エキス

スイスに生育する「4か月腐らないリンゴ」「不老不死のリンゴ」として一躍有名となったリンゴ「ウトビラー・スパトラウバー」。

この絶滅危惧種に指定されている奇跡のリンゴから取られた植物幹細胞のエキスは「リンゴ果実培養細胞エキス」と表記されます。

スキンケア効果として、表皮幹細胞を活性化させ、表皮の再生能力を助けると言われています。

◆植物幹細胞3種配合!大人の敏感肌・乾燥肌向けスキンケアシリーズ


ミネラルコスメブランド「VINTORTE」(ヴァントルテ)から、環境ストレスや心の不調による【大人の敏感肌】に着目した新スキンケアライン『ボタニカルセンシティブシリーズ』が誕生しました!

年齢を重ねるごとに、変化していく心と肌……。

環境ストレスや心のバランス、女性ならではの不調や外部刺激などにより、年齢を重ねるほど肌はゆらぎがちに――たどりついたのは「心と肌のバランス」でした。

ボタニカルセンシティブシリーズ
「ボタニカルセンシティブシリーズ」全アイテムには、ボタニカルウォーターや植物幹細胞3種をはじめとした植物の力と、豊かなうるおいで肌をやわらげる4つのヒト型セラミドを配合。

外部刺激や加齢による老化から肌を守る「バリア機能の働き」や「水分量」をサポートします。

3つの植物幹細胞

またビタミン類、ミネラル類を最も理想的な状態で抽出した、ヴァントルテ独自の「ボタニカルウォーターデェンス®処方」を採用。

独自の抽出処方により、植物の生命力が凝縮された自然の恵みを厳選し、使うたびに心が喜ぶ、洗練されたテクスチャーを実現しました。

繊細な肌へのやさしさはもちろん、繰りかえすトラブルにもしっかりとアプローチ。肌本来がもつ健やかさと、 ゆるぎない美しさを引き出します。

さらにボタニカルウォーターの柔らかくなめらかなテクスチャーと香りが、ゆらいだ心と肌に活力を与えます。

あなたに寄り添うボタニカルセンシティブシリーズで、肌と心のバランスが整った毎日を。

◆ボタニカルセンシティブシリーズお試しセットが登場!


ボタニカルセンシティブシリーズ

「ボタニカルセンシティブシリーズ」の全5アイテム(クレンジング、洗顔料、化粧水、乳液、美容液)を5日間お試し頂けるトライアルセットが登場!

この機会にぜひ大人の敏感肌・乾燥肌向けスキンケアライン「ボタニカルセンシティブシリーズ」のうるおいと優しさを実感してください。

■「ボタニカルセンシティブシリーズ」各商品情報
・ボタニカルモイストクレンジング 150g / 3,300円(税別)
・ボタニカルモイストウォッシュ 120g / 2,800円(税別)
・ボタニカルモイストローション 150mL / 3,800円(税別)
・ボタニカルモイストセラム 30mL / 4,800円(税別)
・ボタニカルモイストクリーム 30g / 4,200円(税別)
・ボタニカルセンシティブシリーズ お試しセット5日分(全5アイテム) WEB限定価格1,900円(税別)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VINTORTEトップページBEAUTY JOURNALトップページ