腸活が美肌を育てるスタート地点!便秘を改善して素肌美人を目指そう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3426

皆さんは毎日きちんと、健康的なお通じがありますか? お通じは身体の健康状態を教えてくれる、とても大切なものです。

最近では食べ物の欧米化やストレスなどが原因で、日本人女性の2人に1人が便秘であると言われています。便秘をしやすい人は、肌荒れやニキビ、吹き出物が出現しやすく、大腸ガンの要因ともなるため注意が必要です。

ハンバーガーを食べる女性
では便秘を改善して美肌を作るには、どのような事を心がけたら良いでしょうか? 簡単にできる便秘改善策を以下に挙げていきます!

※便秘:日本内科学会の定義では「3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態」 を指します。

◆1.腸内環境を整える

口から摂取した食べ物は、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸の順番で身体に取りこまれます。その中でも小腸で栄養のほとんどは吸収されます。

食べ物の栄養を吸収するはずの腸内が不調な状態であると、栄養素が取りこまれず、必要な栄養がお肌に行き渡らなくなってしまいます。

さらには腸内に老廃物が溜まり続けていると(=便秘)、老廃物が腐敗し、有害物質が発生してしまうのです!

この有害物質は腸から血管に吸収されるため、全身に回ってしまいます。すると結果的にお肌の新陳代謝が正常に行われないなど不具合が生じ、ニキビや吹き出物の原因になってしまいます。

そのためこのような場合、まずは腸内環境を整える必要があります。

というのも、健康な腸であれば、腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスがしっかり取れています。しかし善玉菌に対して悪玉菌が増えると、腸内の働きが悪くなり、老廃物が排出されにくくなってしまうからです!

※大腸内の悪玉菌は肉類などの「高タンパク、高脂質」の食物が大好き。これらを腐敗させて有害物質を作る働きもあります。

そこで腸内環境を整えるために、「プロバイオティクス」を摂取しましょう。

◆プロバイオティクスって?

プロバイオティクスとは、腸内細菌の集まり(腸内フローラ)のバランスを改善し、感染予防、免疫調整、便秘の改善等の効果もたらしてくれる「善玉菌」のこと。

この善玉菌の中にあげられるのが、「乳酸菌」や「ビフィズス菌」です。これらの菌は、悪玉菌とされる「ウェルシュ菌」の活動を抑えて、整腸作用をもたらしてくれるのです。

乳酸菌やビフィズス菌を摂取するには、ヨーグルトや乳酸飲料があります。ヨーグルトや乳酸菌を毎日続けて摂取して、少しずつ腸内環境を整えましょう。

◆2.水分摂取を心がける

1日に必要な水分量を摂取する事は、想像以上に大切です。というのも水分を摂取する事は、腸や臓器等のデトックスにも繋がるから。

水分を必要な分だけきちんと摂取できていれば、胃の消化を助けるために胃に負担がかかりにくくなるため、肌荒れやニキビの予防にもなります。

また体内に必要な水分量があれば、血液の流れも良くなるため、肌の代謝も促進されます。さらに細胞の修復力も高まるため、結果的に肌荒れや乾燥も予防できますよ!

体格や性別、年齢にもよりますが、成人女性であれば1日1.5L程の水分を摂取する事が望ましいでしょう。

◆3.リラックスできる時間を作る

腸の働きを活発化させる為には、リラックス出来る時間を作る事も大切。なぜならリラックス状態で副交感神経が優位に働いている時の方が、腸の動きが活発になるからです。

そのために、まずはお風呂にゆっくり浸かるのがオススメ。さらには入浴時、円を描くようにお腹をゆっくりとマッサージしてみてください! また、就寝前に軽くストレッチするのも有効ですよ。

腸内運動を活性化させるためにも、その日のストレスを溜めずにリラックス出来る時間と環境を作りましょう。

腹部マッサージ
お肌の美しさは、体内から作られると言われます。いくらお肌の外から高級な化粧水や乳液を使ったとしても、腸内の環境が良くなければ、せっかくの栄養素が取りこまれずに肌荒れは続いていく一方です。

便の状態や頻度を観察し、腸内美人から美肌美人を目指しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VINTORTEトップページBEAUTY JOURNALトップページ