BBクリーム・CCクリームの違いを徹底解説!新顔DD・EEクリームとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1776

今やコスメの定番アイテムとなった「BBクリーム」「CCクリーム」。日焼け止めや化粧下地など、複数の役割を兼ねたお手軽なベースメイクアイテムとして、愛用者も多いことでしょう。

しかし、BBクリームとCCクリームの違いについて、知らないままに使っていませんか? 実はこれらのアイテム、名称は似ていてもカバー力や仕上がりといった特徴には違いがあるのです!

疑問を持つ女性

それぞれの特徴や違いを知らないままでは、どのアイテムを選べば良いのか分からないし、せっかく購入してもアイテムをうまく使いこなせない……なんてことにもなりかねません。

そこで今回は、各クリームの特徴や使い方の違いを徹底解説! さらに、BB・CCクリームの次を行く、最近話題の「DDクリーム」「EEクリーム」についてもご紹介いたします。

BBクリームとは

BBクリームのBBとは、Blemish Balm(ブレミッシュバーム、もしくはブレミッシュバルム)の略称。

直訳すると「ブレミッシュ=傷」「バーム=軟膏」という意味で、元々はピーリング後の肌の炎症を抑えて赤みや傷をカバーするための保護クリームとして開発されたベースメイクアイテムです。

BBクリームは、「日焼け止め」「化粧下地」「コンシーラー」「ファンデーション」など、多くの機能を兼ね備えており、傷をカバーするという本来の目的からカバー力が高いのも特徴の1つ。

最近は美容液成分を配合して「スキンケア」機能をプラスした、よりマルチなBBクリームも登場しています。

BBクリームだけで、しっかりとカバー力のあるベースメイクを完成させることができるため、時短メイクをしたいときにも便利なアイテムです。

CCクリームとは

CCクリームのCCは、Color Control(カラーコントロール)やCare Control(ケアコントロール)という意味で、メーカーやブランドによってその定義は異なります。

【CCの意味】
・Color Control(カラーコントロール/色を調整する)
・Care Control(ケアコントロール/ケアして調整する)
・Complete Correction(コンプリートコレクション/完璧に補正する)

いずれの定義であっても共通していえることは、「スキンケア」「日焼け止め」「化粧下地」「カラーコントロール」など、「肌の色や肌の調子を整える」機能を備えたクリームであるということ。

CCクリームはその名称(カラーコントロール、ケアコントロールなど)からも分かるとおり、ファンデーションを使用する前の素肌(土台)を整えることを目的としたアイテムなのです。

スキンケアをしながら肌の色補正や毛穴の凹凸カバーなどを行うことが目的のため、肌への色付き(カバー力)については素肌感を生かしたナチュラルなものが多いのも、CCクリームの特徴といえます。

その他、カラーバリエーションが豊富な点もCCクリームの特徴です。

CCクリームのカラー

肌色に近い基本のベージュ系はもちろん、血色を良くするピンク系や、赤みをカバーするグリーン系、黄くすみをカバーするパープル系や、シミ・くすみをカバーするイエロー系など、色々なカラーがあるので肌悩みにあわせて選べるのも魅力ですね。

BBクリームとCCクリームどっちを選ぶべき?

各クリームの特徴や違い分かったところで、次はどちらのアイテムを選べば良いのか、アイテム選びの際のポイントを見ていきましょう。

まずは、各アイテムのおすすめタイプは次のとおり。

【BBクリームがおすすめのタイプ】
□しっかりとしたカバー力が欲しい
□メイクを塗り重ねるのは苦手
□とにかく時短&手軽にベースメイクを完成させたい
□メイク初心者なので難しいメイクは無理

【CCクリームがおすすめのタイプ】
□肌のトーンをアップさせたい
□くすみや赤みなどの肌色悩みを補正したい
□素肌感のあるナチュラルメイクが好き
□軽やかなつけ心地が好み

自分に合ったアイテムが分かったら、次はそれぞれのアイテムのメリットとデメリットを知り、メイク時のポイントを押さえておきましょう。

BBクリームのメリット、デメリット

BBクリームの最大のメリットは、1本でファンデーションの役割まで果たすカバー力の高さ

メイクに時間は割きたくないけれど、シミやそばかす、赤みなどの肌悩みはしっかりカバーしたい! という忙しい現代女性の思いにも対応可能なマルチ機能をもっています。

またこれ1本でベースメイクが完成するという手軽さは、メイク初心者さんにとっても使いやすく◎。

ただしデメリットとして、「色の種類が少ない」「テクスチャーが重たく厚塗りになりやすい」「油分が多いためヨレや崩れが生じやすい」などの点があります。

厚塗りになりやすい、ヨレや崩れが生じやすいというデメリットをもつBBクリームですが、きれいに仕上げるコツさえ押さえれば、時短&手軽なアイテムとして使いやすさは抜群!

そのコツとは、一般的なリキッドファンデーションの使用量よりも少なめの量で仕上げることです。

リキッドファンデーションの一般的な使用量の目安はおよそパール1粒大(直径約1cm/1.5g)ですが、BBクリームの使用量の目安は小豆粒大(直径約0.7cm/1g)ほど。

メイク手順は次のとおりです。

【ステップ1】
BBクリーム小豆粒大(直径約0.7cm)を手の甲に出し、顔の5箇所(両頬、おでこ、鼻、あご)に分けてのせます。

【ステップ2】
顔の5箇所にのせたBBクリームを、中指の腹全体(第2関節まで)を使って顔の中央からフェイスラインに向かって伸ばします。

【ステップ3】
最後に、スポンジでトントンと肌を軽くたたくようにして、指で伸ばした時にできた筋ムラを消しながらクリームを肌に密着させるように馴染ませます。

メイクをする女性

最後の【ステップ3】でスポンジを使うと、スポンジが余分な油分を取り除くと同時に、肌への密着感が増すのでメイクの厚塗り・ヨレ・崩れを防ぐことができるので、おすすめです!

CCクリームのメリット・デメリット

CCクリームの最大のメリットは、肌色の補正力

くすみや赤みなどをカバーして肌色をトーンアップさせ、まるで素肌がきれいになったような、色ムラのない美肌に仕上がります。

ファンデーション前の化粧下地として使う本来の使用方法はもちろんですが、素肌を生かしたナチュラルな仕上がりを重視したい場合には、CCクリームのみでの使用もOK。

軽いつけ心地のものが多いため普段メイクをしない人でも使いやすく、また、今日はメイクをしたくないけどすっぴんで過ごすのもちょっと……といった日などにも、おすすめのアイテムです。

ただしCCクリームにもデメリットはあります。

メリットとしてナチュラルな仕上がり感を挙げましたが、裏を返せば「カバー力が低い」ということでもあります。また、「白浮きしやすい」という点もデメリットの1つ。

CCクリームはあくまで化粧下地であるため、ファンデーションのようなしっかりとした色付きによるカバー力はありません。

また、肌色補正を目的としたトーンアップ機能があるため、CCクリームをつけた肌は何もつけていない素肌よりもトーンが明るく仕上がります。

このようなアイテムの特徴を知らずに、CCクリームだけでシミやくすみを隠そうとして何度も重ね塗りをしてしまうと、白浮きしたような不自然な仕上がりになってしまうので注意が必要です。

これらのデメリットを防ぎ、CCクリームのメリットであるナチュラル感を残しつつカバー力のあるメイクに仕上げるためには、同じくナチュラルな仕上がりになるルースタイプのファンデーションを上から軽く重ねるのが◎。

ルースパウダーとコンシーラー

また、コンシーラーのような部分的なカバー力に特化したアイテムを、隠したいシミやくすみの部分にだけ重ね使いすることもおすすめです。

次世代アイテム「DDクリーム」「EEクリーム」とは?

ここまでは、コスメの定番アイテムとなったBBクリームとCCクリームの特徴や違いについて見てきましたが、実は近年これらのアイテムに次ぐものとして、「DDクリーム」や「EEクリーム」が登場し、注目を集めています!

そこで、これら次世代アイテムのDDクリームとEEクリームについても、特徴と違いを押さえておきましょう。

DDクリームとは

DDクリームのDDは、「Dynamic-Do-All(強力なオールインワン)」の略称。

特徴を簡単にいうと、BBクリームとCCクリームのメリットをあわせ持った、いいとこ取りのアイテムです。

CCクリームのように軽めのつけ心地でありながら、BBクリームのようなしっかりとしたカバー力もあるため、1本でスキンケアからファンデーションまでのベースメイクを完成させることができます。

さらに、DDクリームの特徴として挙げられるのが「アンチエイジング効果」

美容液成分や保湿成分、その他抗酸化成分などのアンチエイジングが期待できる成分が豊富に配合されており、メイクをしながらエイジングケアまでできるため、加齢によるミシやしわ、たるみなどの肌悩みがある人にもおすすめのアイテムです。

EEクリームとは

EEクリームは、まだ日本では一般的ではありませんが、アメリカやヨーロッパではじわじわとブームになりつつあるアイテム。DDクリームをさらに進化させたものがEEクリームだといわれています。

EEクリームのEEには、「Even Effect(より効果的)」「Energy Enhancer(エネルギーの増強)」「Early Elimination(早めの除去)」などの意味があり、DDクリームよりもさらにエイジングケア機能が高く、次世代型オールインワンクリームの最高峰ともいえるベースメイクアイテムです。

あなたにピッタリのアイテムを見つけて!

「〇〇クリーム」という商品の名称は似ていても、BB・CC・DD・EEの意味や特徴は様々。

メイクで理想の肌に近づくには、まずは自分のなりたい肌や使用目的に合ったアイテムを選ぶことが何よりも肝心です!

メイクアイテムを持つ女性

今回ご紹介した各アイテムの特徴や違いを参考に、あなたにピッタリのベースメイクアイテムを探してみてはいかがでしょうか?

◆ツヤめく美肌へ、1本5役の多機能『ミネラルCCクリーム』

SPF50+PA++++ミネラルCCクリーム
ミネラルコスメブランドVINTORTE(ヴァントルテ)の「ミネラルCCクリーム」は、美容液・日焼け止め・化粧下地・毛穴カバー・カラーコントロールという1本で5つの役割を果たす多機能な化粧下地です。

肌なじみの良い明るめのベージュ系カラーが、肌のくすみをしっかりカバー。内側から軽やかにツヤめくトーンアップした美肌へ導きます。

乾燥から肌を守るエーデルワイスエキス、環境ストレスによるダメージから肌を守るオウゴン根エキス、アンチエイジングに優れたバオバブ種子油など、希少な6種の植物エキスと、3種の植物オイルを配合。

メイクをしながらも、まるで美容液をつけているようなしっとりした潤いが一日中続きます。

さらにSPF50+ PA++++のUVカット数値でUV-A波、UV-B波をしっかりブロック! ブルーライトをカットするとされる酸化セリウム配合で、色素沈着からも肌をしっかり守ります!

■ミネラルCCクリーム 商品詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VINTORTEトップページBEAUTY JOURNALトップページ