いらっしゃいませ ゲストさん

HOME > BEAUTY TIPS > 秋の夏枯れ肌対策

BEAUTY TIPS 肌も心も豊かになる美容情報をお届けします。秋の夏枯れ肌対策

暑さもやわらぎ、秋の気配を感じるようになりましたね。

でも実は「肌は秋に1つ年をとる」なんて言われることもあるくらい、夏から秋への変わり目は、肌の調子が変わりやすい時季なんです。
夏の紫外線や冷房などによるダメージを受けた「夏枯れ肌」を放置しておくと、秋にはシミやシワ、たるみといった肌老化が加速することも。
そこで、夏枯れ肌を秋に持ち越さないよう、適切なケアを行いましょう!

夏枯れ肌チェック

下記のチェック項目で、1つでもあてはまった方は、すでに夏枯れ肌の可能性大。
さっそくチェックしてみてくださいね。

  • 肌がゴワゴワ、カサカサする
  • 肌がくすんで見える
  • スキンケアがなじみにくい
  • 化粧ノリが悪い

夏枯れ肌を持ち越さない!

夏枯れ肌は、夏に浴びた紫外線ダメージや冷房による乾燥で、ターンオーバーが乱れ、バリア機能が低下している状態。

秋になると気温と湿度が低下し、寒暖差や気圧変動、空気の乾燥など、バリア機能が低下している肌に追い打ちをかけるようにダメージを与えてしまうため、季節の変わり目は肌がゆらぎがちに。

夏枯れ肌のサインを見逃してしまうと、秋冬にはシミやシワなどの肌トラブルに悩まされてしまうかもしれません。

夏枯れ肌のサインに気づいたら、肌がゆらいでしまう前に、肌のバリア機能を整え、ダメージ肌を立て直すことが大切です!

夏枯れ肌対策

夏の間に蓄積されたダメージによって、ターンオーバーが乱れ、バリア機能が低下している夏枯れ肌には、保湿ケアを毎日続けることがポイント!
まだまだ暑いから…肌がベタつくからといって、保湿ケアを怠ってしまうのはNG。

実際は紫外線や冷房などの影響で肌内部はカラカラに乾燥しているため、セラミドやアミノ酸など、肌のバリア機能をサポートする成分を配合したスキンケアで、肌をうるおいで十分に満たすことが重要です。

肌がうるおいで満たされるとターンオーバーが正常化し、バリア機能も整います。
夏枯れ肌のお手入れには、まず日々の保湿ケアをしっかりと行うことが大切です。

スキンケアの際には、ゆっくりとハンドプレスをしながら、肌に保湿成分をじっくり浸透させてあげるのもおすすめ。
いつもより肌をやさしくいたわってあげましょう。

夏枯れ肌のサインを感じたら、ぜひ、バリア機能をサポートする成分がたっぷりと配合されたヴァントルテのスキンケアでしっかり保湿ケアを行い、すこやかな肌で秋を迎えてくださいね。
あなたさまの美肌づくりのお手伝いができれば幸いです。