いらっしゃいませ ゲストさん

HOME > BEAUTY TIPS > インナードライ肌

BEAUTY TIPS 肌も心も豊かになる美容情報をお届けします。インナードライ肌

ジメッと蒸し暑い季節なのに、何だか肌がつっぱるような… そんな肌の不調を感じたことはありませんか?
もしかするとそれは「インナードライ肌」かもしれません。
今回は、梅雨の時期から注意すべきインナードライ肌についてお話しますので、ぜひご覧ください。

インナードライ肌とは

気温や湿度が高いと汗・皮脂の分泌量が増えて、一見肌が保湿されているように感じますが、実は、肌の水分の蒸散を防ごうと、皮脂を過剰に分泌させているからなのです。

肌表面は皮脂や汗でベタついているのに、肌内部は水分不足でカラカラな状態。
それがインナードライ肌です。

インナードライ肌になると、皮脂の過剰分泌でニキビができたり、肌の水分不足で角質層のキメが乱れゴワつくといった肌トラブルを招きます。

夏はインナードライ肌の原因がいっぱい!?

夏のインナードライ肌の原因は、おもに「紫外線」や「エアコンによる空気の乾燥」です。

肌のバリア機能は、肌内部の水分を保持する役割を担っていますが、夏の強い紫外線ダメージによって、肌のバリア機能が低下すると、水分が蒸散し肌内部は乾燥してしまいます。

また、夏場はエアコンをつけたまま長時間過ごすことが多くなりますが、冷房の効いた室内では湿度が低下し、肌が乾燥しやすい状態に。
気をつけていないと、肌のうるおいはどんどん失われていくので注意が必要です。

脂性肌との違いは?

肌のベタつきが気になると「私って脂性肌かも?」と思いがちですが、実際はインナードライ肌かもしれません。

脂性肌
肌の水分量が十分にある上で、皮脂量が多い状態。

インナードライ肌
皮脂量は多いけれど水分量が少ない状態。
ベタつきやテカリの他に、肌のつっぱり感や皮むけ、かさつきやゴワつきがある。

脂性肌もインナードライ肌も皮脂量が多いという共通点から間違われがちですが、インナードライ肌の皮脂分泌は肌内部の乾燥によるもの。

間違ったスキンケアが原因となることもあるので、肌の状態をきちんと見分け、インナードライ肌に適したスキンケアを行いましょう。

正しいケアで根本から改善!

インナードライ肌のケアで大切なのは、「紫外線対策」と「スキンケア」の2つ。

紫外線対策

紫外線は窓ガラスさえも透過するため、外出時はもちろん、屋内で過ごすときにも油断は禁物!
普段から日焼け止めアイテムで紫外線対策を心がけましょう。

スキンケア

脂性肌と違って、インナードライ肌の根本原因は「うるおい不足」。
皮脂や汗が多いからといって、過剰な洗顔はNG。
洗顔後は、しっかりと保湿することで油分の出にくい肌をつくりましょう。
ベタつきが気になると、ついゴシゴシと肌をこするように洗ってしまいがちですが、肌への摩擦負担により乾燥が悪化してしまいます。
洗顔料はしっかりと泡立てて、弾力のあるたっぷりの泡でやさしく洗いましょう。

皮脂が多いからといって化粧水だけのケアで終わってしまうと、うるおい不足の原因に。

セラミドなどバリア機能をサポートする保湿成分が配合された化粧水で角質層にたっぷりと水分補給をしたら、乳液やクリームでうるおいを逃さないよう、しっかりと保湿しましょう。

ぜひ、「ヒト型セラミド」がたっぷりと配合されたヴァントルテのスキンケアでお手入れを続けて、うるおい満ちる肌を手に入れてくださいね。