いらっしゃいませ ゲストさん

ミネラルファンデーションのVINTORTE > エイジングケア特集!スキンケアを徹底してお肌にハリと弾力を

エイジングケア特集!
スキンケアを徹底してお肌にハリと弾力を

年齢を重ねるほどに気になる肌の乾燥、くすみ、シミ・シワや弾力不足……。鏡を見るたびにがっかりしてしまうことはありませんか?

実はこれらのエイジングサインは、肌質に合ったスキンケアアイテムを正しく使用し、ちょっとした生活習慣に気を付けることで嬉しい変化が見られることに!

そこでここでは、適切なタイミングで行っていただきたいエイジングケアの基本情報やエイジングケア商品の選び方、おすすめのエイジングケアアイテムなどをご紹介します。

※エイジングケアとは、年齢に応じたお手入れのことを指します。

こんな方におすすめ

  • 以前よりも肌の乾燥が気になる
  • 目元・口元のシワや頬のたるみが目立つ
  • シミやくすみが気になる
  • エイジングケアを始める
    タイミングが分からない

エイジングケアの基本!押さえておくべきポイント

なんとなく多くの方が「年齢を重ねると肌の調子が下降気味になる」イメージがあるでしょう。では、どうして年齢によって肌に変化が起こるのか、その原因を見ていきましょう。

肌変化の原因① ターンオーバーサイクルの遅れによるエイジングサイン

皮膚は表面から下に向かって「表皮(層)」「真皮(層)」「皮下脂肪組織」と3層に積み重なっています。そして表皮の一番下の層「基底層」で、新しい肌細胞が作られます。

新しい肌細胞は、徐々に上の層へと上がっていき、最終的に一番上の角質層に到達。その後、アカ・古い角質細胞として自然に剥がれ落ちます。この一連の肌の生まれ変わりサイクルを「ターンオーバー」と呼びます。

ターンオーバー

ターンオーバー周期の日数は、一般的には20代で約28日と言われています。ですが、年齢が上がるほどに日数は伸びる傾向にあり、(個人差はあるものの)30〜40代では約45日とされています。

ただし、年齢だけではなく、誤ったスキンケアによる肌の乾燥や紫外線、ストレスや栄養の偏り、乱れた生活習慣、運動不足などによってもターンオーバーが乱れてしまうことは珍しくありません。

ターンオーバーが乱れると、新しい健康な肌細胞が育ちにくくなるため、肌表面のバリア機能が低下します。すると、外部刺激が侵入しやすくなったり、肌内部の水分が蒸発しやすくなったりするため、肌は乾燥して肌トラブルが起きやすくなります。

また、紫外線などの外部刺激によるダメージでメラニン色素が発生しやすくなります。その上ターンオーバーの乱れからメラニン色素の排出がスムーズにできず、色素沈着してシミが消えにくくなる結果に。

敏感肌になる外的要因の紫外線の弊害

紫外線などの外部刺激が真皮層にある肌の弾力を司るコラーゲンやエラスチン、保湿成分ヒアルロン酸などにダメージを与えることで、肌の弾力が衰えてシワ・たるみ肌を招くリスクも高まるのです。

肌変化の原因② エストロゲン減少によるハリの低下

女性の場合、年齢による肌の変化には女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」が関係します。エストロゲン分泌量は25〜30歳前後をピークとして、減少していきます。

エストロゲンは別名「美肌ホルモン」とも呼ばれ、肌内部の真皮層にあるコラーゲンを促進する働きがあります。

コラーゲンは肌のハリ・弾力を司るタンパク質の一種。そのため、年齢によってエストロゲンの分泌量が減少すると、比例してコラーゲン産出量も減少し、肌のハリが損なわれてしまうことに。

ですが、ストレスや生活習慣・食生活の乱れなどによってホルモンバランスが乱れても、エストロゲン量が減少することがあります。すると、実際の年齢に関わらず、エイジングサインとして肌がたるみやすくなるのです。

【エイジングケアを始めるタイミングは?】

「エイジング(加齢)」という響きから、自分にはエイジングケアはまだ早いと思われる20代の方や30代前半の方もいらっしゃるでしょう。

ですが、加齢による「ターンオーバーの乱れ」や「エストロゲン減少」はもちろんのこと、年齢に関わらず何らかの原因によってターンオーバーやホルモンバランスが乱れることで、肌のエイジングサインがすでに現れているケースも少なくありません。

そのため「年齢的にはまだ早い」と思っていても、以下のようなエイジングサイン・肌トラブルを少しでも感じるのなら、不安定な肌をケアする先回り発想で、エイジングケアアイテムをこれまでのスキンケアと替えたりプラスしたりしてみましょう。

・肌が乾燥してかさつく
・目元・口元のシワが気になる
・頬のたるみ・ほうれい線が気になる
・毛穴のたるみ・開きが気になる
・シミやくすみが気になる

エイジングケアにおすすめの商品一覧!

ボタニカルモイストウォッシュ

ボタニカルモイストウォッシュ

ボタニカルモイストウォッシュ

3,080円(税込)

★★★★☆4.51

毛穴汚れをやさしく洗い上げて、
潤い守る洗顔フォーム

もっちりとした濃密泡が潤いを残しながら、乾燥しやすい肌に摩擦を与えずにやさしく洗い上げる洗顔料。植物由来の洗浄成分と京都産カイコまゆエキス配合で、肌に必要な水分・油分は残しつつ、毛穴に詰まった皮脂や汚れを落とします。
5種のヒト型セラミドと3種の植物幹細胞エキス配合で、みずみずしく肌のバリア機能を整えます。

39歳

39歳

もっちりとしたキメの細かい泡ができるので、気持ちよく洗顔できます。透明感が嬉しい!

31歳

31歳

乾燥肌でもかさつかないで洗い上がりはしっとり。ツヤが出てその後のスキンケアまで楽しみに。

45歳

45歳

毛穴汚れはすっきりで、肌のキメが整う感じ。泡立ちも良くて手放せない洗顔料です!

ミネラルシルクソープ

ミネラルシルクソープ

ミネラルシルクソープ

2,530円(税込)

★★★★☆4.25

毛穴汚れや古い角質を落として潤す洗顔せっけん

古い角質を優しく落とす、京都産カイコまゆエキス配合の石けん。潤い成分グリセリンが豊富な「枠練りコールドプロセス製法」で作られています。
保湿効果や肌整効果が期待できる、海洋性ミネラル成分が豊富な沖縄産クチャ(海シルト、海泥)配合。毛穴奥の皮脂汚れやホコリを吸着し、粘り泡が乾燥肌をやさしく包み込んでくすみのないクリアな肌へ導きます。
肌を整えるムラサキ根エキスや保湿成分オリーブ果実油など配合。しっとりとした潤い肌を叶える石けんです。

32歳

32歳

クチャ配合だからか毛穴のつまりや汚れがすっきり。肌のもっちりとした質感にやみつきです。

46歳

46歳

濃密な粘り泡で洗うと素肌が潤って透明感が出ます。やさしい洗い上がりで乾燥知らずです!

39歳

39歳

固形石鹼なのにつっぱらないどころか、すっきりするのに潤うのがすごい。肌の変化が楽しみです。

ボタニカルモイストクレンジングミルク

ボタニカルモイストクレンジングミルク

ボタニカルモイストクレンジングミルク

3,630円(税込)

★★★★☆4.70

メイクや毛穴汚れをやさしく落とし、
保湿成分がバリア機能の整えるミルククレンジング

4種のヒト型セラミドや3種の植物幹細胞エキス配合で、メイク汚れはすっきり落としつつ、乾燥肌・年齢肌を潤してハリを与えるクレンジングミルク。
植物由来の洗浄成分と京都産カイコまゆエキスが、毛穴に詰まった皮脂や汚れをオフ。肌に必要な水分・油分は残して、潤い美容成分が肌のバリア機能を整えます。パッチテスト、スティンギングテスト済。

35歳

35歳

伸びの良いミルククレンジングで、汚れはすっきり落ちるのに素肌はしっとりツヤが出ます!

32歳

32歳

クレンジングで保湿ができるなんて嬉しい。洗い上がりの肌はもっちりでつい触りたくなります。

48歳

48歳

トロミのあるテクスチャーでストレスなく使えます。乾燥悩みが気にならなくなって、肌の潤いが戻ってきたみたい。

ボタニカルモイストローション

ボタニカルモイストローション

ボタニカルモイストローション

4,180円(税込)

★★★★☆4.70

乾燥しがちな敏感肌・インナードライ肌を
潤いで満たすエイジングケア化粧水

4種のヒト型セラミドや3種の植物幹細胞エキスが、乾燥肌に潤いとハリを与えてバリア機能を整える化粧水。ミネラル豊富なボタニカルウォーターが角質に浸透し、ツヤのあるみずみずしい肌へと導きます。
整肌・保湿成分が肌荒れを防ぎ、乾燥によるエイジングサインにもアプローチするローションです。敏感肌パッチテスト済。

29歳

29歳

超乾燥肌だったのが、使いだしてからしっかりと潤ってハリに変化が!染みることもなく気持ち良い!

35歳

35歳

べとつかないのに肌にじゅわっとなじんで、しっとりとキメの整った肌に。乾燥小じわにも期待しています!

49歳

49歳

セラミド配合で保湿力が◎。敏感肌でエイジングケアできるアイテムを探していたのでピッタリです!

ボタニカルモイストセラム

ボタニカルモイストセラム

ボタニカルモイストセラム

5,280円(税込)

★★★★☆4.57

エイジングサインが気になる年齢肌に
ふっくらハリを与える美容液

4種のヒト型セラミドやカイコまゆエキス(NMF)、5種の植物幹細胞エキスやヒアルロン酸が、エイジングサインが気になる肌に潤いとハリをプラスし、肌表面のバリア機能を整える美容液。
さらに、カミツレ花エキスやセイヨウオトギリソウ花エキスなどの植物エキスが、ハリ不足が気になる肌をひきしめて、キメの整ったふっくら肌へと導きます。

33歳

33歳

やさしい質感でもっちりしっとりの肌触りになります。メイクするのが楽しくなりました!

40歳

40歳

気になる目元やほうれい線には重ね塗りしていたら、潤いとハリが感じられるように!

46歳

46歳

保湿美容成分が肌に合ったみたいで、悩みのたるみが気にならなくなってきました。

ボタニカルモイストクリーム

ボタニカルモイストクリーム

ボタニカルモイストクリーム

4,620円(税込)

★★★★☆4.27

潤いや美容成分を年齢肌に閉じ込めて、
刺激から守るクリーム

保湿成分スクワランや6種のヒト型セラミドが肌の水分の蒸発を防いで、角質層に潤いを閉じ込める保湿クリーム。美容成分の3種の植物幹細胞エキスが、敏感な肌に失われがちな潤いとハリを与えて、バリア機能を整えます。
整肌成分の油溶性ビタミンC誘導体が潤いを与えてクスミのない明るい肌へと導き、使うほどにしっとりとしたハリツヤ肌へ。

29歳

29歳

年々乾燥が進んでいたのが、使うほどしっとりツヤ肌に!キメが整って肌のくすみが気にならなくなりました。

37歳

37歳

夜塗ると朝はモチモチの手触りになります。伸びが良くてべとつきが残らないのでメイク乗りも◎。

53歳

53歳

乾燥やごわつき・くすみが悩みだったのが、保湿成分のおかげで潤ってハリが! 肌を褒められるようになりました。

エイジングケア商品の選び方

エイジングケアアイテムを選ぶ際には、どのような点に注目すればよいのか、アイテムごとにチェックしたい選ぶポイントを見ていきましょう。

エイジングケアクレンジングの選ぶポイント

クレンジング(メイク落とし)と聞くと、「メイク汚れを落とす洗浄剤だからエイジングケアとは関係ないのでは?」と思われるかもしれません。ですが、クレンジングは肌を整えるスキンケアの始まりに当たる、重要なスキンケアアイテムです。

なぜなら、クレンジングの洗浄力(脱脂力)が強すぎると、肌のバリア機能を保つのに必要な皮脂や水分まで落としてしまい、乾燥からシワ・たるみなどのエイジングサインや肌荒れなどの肌トラブルを招く原因になるためです。

反対に、洗浄力が弱すぎてメイク汚れが落としきれていない場合も、メイク汚れが酸化することで肌にダメージを与えて、様々なエイジングサインや肌トラブルを招いてしまいます。

そのためクレンジングも大切なエイジングケアアイテムとして、「洗浄力」と「肌へのやさしさ」のバランスが取れているかにポイントを置きましょう。

たとえば、以下のような保湿成分が配合されており、クレンジング後の肌もしっとりと潤いが続くかどうかは、肌へのやさしさという観点で押さえるポイントになります。

■保湿成分例:セラミド、ヒアルロン酸、スクワラン、アミノ酸類、グリセリン、コラーゲンなど

テクスチャーもまた、肌に摩擦を与えないことを重視して、肌に優しくマッサージ感覚で伸ばせるジェルやミルク・クリームタイプがおすすめ。

なお、どれだけ肌に優しく作られたクレンジングであっても、メイク汚れが浮いてからも長く肌に伸ばしていたり、丁寧に生え際やフェイスラインまですすいでいなかったり、一日に何回も使用したりして肌に負担をかけるのはやめましょう。

エイジングケア化粧水の選ぶポイント

エイジングケア化粧水を選ぶ際には、まず「保湿力」を重視しましょう。

通常の化粧水にも保湿力はありますが、水分・油分バランスが乱れがちでバリア機能が低下しやすい年齢肌には、高保湿成分が配合されている化粧水を補給しましょう。

特に水分を抱え込むセラミドは、角層(角質層)を潤す働きがあります。セラミドによる潤いは、肌表面のバリア機能を正常に働かせるために欠かせない重要な成分のため、年齢肌だけではなく乾燥肌・敏感肌にもプラスしたい高保湿成分として注目されているのです。

そのほか、肌に潤い・ハリを与える美容成分や整肌成分が配合されているかもポイントに。たとえば整肌成分のグリチルリチン酸ジカリウムは、荒れやすいお肌をケアすることで、セラミドと共にバリア機能を整えると期待できます。

エイジングケア美容液の選ぶポイント

化粧水と同じく美容液もまた、基本的には高保湿成分配合で肌になじみやすく、バリア機能を整えるアイテムがおすすめです。

さらに肌のハリ不足が気になる場合、若々しい肌をサポートする植物幹細胞エキスやビタミンA誘導体(レチノール誘導体:パルミチン酸レチノール、リノール酸レチノールなど)などが配合されているかどうかもポイントに。

ただし、ビタミンA誘導体は敏感肌や乾燥肌の方には合わない場合があります。そのため、塗布後に違和感があり肌質に合わない場合は、すぐに使用を中止するようにしてください。

エイジングケアクリームの選ぶポイント

クリームもまた、まずは保湿力が高く低刺激性、伸びがよくて肌なじみが良いものがおすすめです。

くすみが気になる場合は、透明感を導くビタミンC誘導体やプラセンタエキス、トラネキサム酸などが配合されているかもチェックしましょう。

なお、全てのスキンケアアイテムに共通して注意したいのが、肌に合わない余分な成分が配合されていないかどうか。

乾燥しがちでデリケートな年齢肌には、肌を乾燥させるリスクがあるアルコール(エタノール)や、合成香料・着色料、石油系界面活性剤などはできるだけ無添加のものをおすすめします。

お肌のメンテナンスを行い、ハリと弾力をキープ

「以前は肌の乾燥が気にならなかったから、保湿をそこまで重視していなかった」という方も中にはいるかもしれません。

ですが、加齢(特に40代以降)や生活習慣などの影響で適切な皮脂分泌量が低下し、バリア機能が衰えることで肌の内側から乾燥が進んでいると、シワ・たるみ・シミ・くすみなど多くのエイジングサインが現れやすくなります。

そこで、まずはクレンジングでその日の汚れを丁寧にリセット。毛穴に詰まった汚れをオフすることで、後から塗布するスキンケアがきちんとなじむように素肌を整えましょう。

その後、化粧水を手の平で人肌に温めてから塗布し、顔全体をハンドプレス。じっくりと角層まで浸透させ、潤いを届けましょう。コットンを使用する場合は、毛羽立ちの少ないコットンを選び、たっぷりの化粧水を染みこませて、肌に摩擦を与えないように注意しながらすべらせてください。
※強いパッティングはシミの原因になるため避けましょう。

その後、適量の美容液を手の平で人肌に温めてから塗布し、顔全体をハンドプレス。エイジングサインが気になる目元・口元などにはさらに重ね付けをします。美容液が浸透したら、次に適量のクリームを同じように手の平で人肌に温めてから塗布し、顔全体をハンドプレス。じっくりと成分を肌になじませてください。

【生活習慣でもエイジングケア】

スキンケアで健やかな肌を育てながら、身体の内側からもエイジングケアを心掛けましょう。

① 良眠習慣で美肌をキープ

睡眠不足や浅い眠りが続くと、肌に悪影響を及ぼします。

睡眠中、特に入眠3時間以内には脳下垂体から成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンはその日の肌のダメージを修復する働きがあるため、成長ホルモンが十分に分泌されないとダメージが蓄積されてエイジングサインになってしまうことに。

質の良い睡眠を一日最低6時間は確保することがおすすめです。また、就寝1時間前までには、スマートフォンやPC、テレビなどから発せられるブルーライトを浴びないようにしてください。睡眠ホルモンのメラトニンを十分に分泌させて、スムーズな入眠ができるように注意しましょう。

② 肌に良い栄養素をバランスよく摂取

肌を健やかに保つには、食事からの栄養素も重要です。健康な肌の材料となるタンパク質やビタミン・ミネラルなどの栄養素を毎日バランスよく摂取しましょう。

また、脂質・糖質・食品添加物が多く含まれるジャンクフード(スナック菓子、カップラーメン、インスタント食品など)や糖質の多いスイーツや清涼飲料水などを多量に摂取すると、腸内環境が乱れて栄養素の消化吸収率が悪くなります。すると肌に必要な栄養素が運ばれにくくなるため、肌トラブルの原因に。

そのため、できるだけ肌に良くない食品は摂取しないようにして、以下のような食品・食材をバランスよく毎日摂取するようにしましょう。

■タンパク質の多い食材・・・肉類、魚類、卵、大豆、大豆製品、乳製品など
■食物繊維の多い食材・・・・穀類(雑穀米、全粒パン、ソバ)、イモ類、豆類、野菜類(カボチャ、ゴボウ、ブロッコリー、大根、モロヘイヤなど)、キノコ類、ひじきなど
■ビタミンAの多い食材・・・レバー、卵黄、緑黄色野菜など
■ビタミンB群の多い食材・・・レバー、ウナギ、カツオ、マグロ、卵、納豆、牛乳、乳製品など
■ビタミンCの多い食材・・・果物類(アセロラ、キウイフルーツ、イチゴ、柑橘類など)、野菜類(パプリカ、ブロッコリー、芽キャベツ、ピーマンなど)
■ビタミンEの多い食材・・・アーモンド、アボカド、植物油など

よくある質問

「ボタニカルセンシティブシリーズ」に配合されている「ヒト型セラミド」は一般的なセラミドとは違うのですか?
一般的に、化粧品に使用されるセラミドには、「ヒト型セラミド」「天然セラミド」「植物性セラミド」「合成セラミド」の4種類があります。
これらのなかで「ヒト型セラミド」は、ヒトの肌にあるセラミドの構造に似た特徴を持っていることから、肌との親和性が高く、角層までの浸透力が高いと言われています。
「ボタニカルセンシティブシリーズ」は、ヒト型セラミドを採用することで、乾燥などによりバリア機能が低下しやすい肌にも低刺激で潤いを与えることができます。
乾燥肌でエイジングサインも気になる年齢です。スキンケアは保湿系かエイジングケア系かどちらがよいか迷っています。
基本的には、年齢で選ぶよりも今のお肌状態に合わせてスキンケアアイテムを選びましょう。特に乾燥肌の場合、バリア機能が衰えていると考えられるため、まずはバリア機能を整えることがエイジングサインへのアプローチにもなります。
なお、VINTORTE(ヴァントルテ)のスキンケアライン「ボタニカルセンシティブシリーズ」は、乾燥しがちな敏感肌かつエイジングサインが気になる方のために、植物由来成分とヒト型セラミドを贅沢に配合しています。クレンジングからクリームまでラインで使っていただくことで、さらに変化をお楽しみいただけると幸いです。
VINTORTE(ヴァントルテ)のスキンケアアイテムに、アルコール(エタノール)や石油系界面活性剤は配合されていますか?
スキンケアライン「ボタニカルセンシティブシリーズ」を含む、VINTORTE(ヴァントルテ)の全製品には、エタノールをはじめ、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤、タルク、シリコン、鉱物油、パラベン、合成香料、合成着色料を使用していません。
敏感肌・乾燥肌をはじめ、あらゆる肌質のための9つの無添加処方、国内生産、品質管理の徹底をお約束しております。
肌に合うかどうか試したいのですが、スキンケアライン全商品のサンプルはありますか?
保湿成分ヒト型セラミド配合の敏感肌用エイジングケアスキンケアライン「ボタニカルセンシティブシリーズ」全5アイテムの5日分トライアルのほか、年齢や肌質を問わず使いやすい「ミネラルシルクファンデーション」「ふわふわエアリーパフ」「ミネラルCCクリーム」「シャンプー・トリートメント」がセットになった、お得な14日間トライアルセット(スキンケアは5日分)をご用意しております。

詳しくは以下のページをご覧ください。
>>ヴァントルテトライアルセット お試しセット14日分(全11アイテム)/1,480円(税込)

関連する特集