まぶたがパンパン!浮腫(むくみ)まぶたに効果的なとっておき解消法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

558

朝起きたらなんだか目が開きにくい。鏡を見たらまぶたがパンパン! 大事な用事があるときに限って、このような「浮腫(むくみ)まぶた」にショックを受けることはあるのではないでしょうか。

目を隠す女性

しかしこのような緊急事態には、単にまぶたを冷やすだけではダメなんです。そこでどうにかしたい「浮腫まぶた」に効く方法をご紹介します。

◆冷やすだけで終わってませんか?

まぶたがむくんだ時には「とにかく冷やす!」という声をよく聞きます。しかし冷やすだけでは、しつこいむくみを取るには足りないのです!

すぐにまぶたのむくみを取るには、「冷やす」と「温める」の交互がマスト。顔全体の血行を促進させることで、まぶただけでなく顔全体がすっきりとする効果まで期待できます。

用意するのは「蒸しタオル」だけ――濡らしたタオルを軽く絞り、電子レンジで温めれば簡単に作れます。※やけどをしない程度の熱さにしてください。

この蒸しタオルを顔に乗せて顔全体が温まったら、次は冷水で顔全体を冷やします。これを数回繰り返せば、いつしかすっきり顔に変身できていますよ。

◆目まわりのすっきりツボ押し

目の周りにはツボがたくさんあります。特にまぶたのむくみには、次の3つのツボがオススメです。

1.目頭
2.眉頭
3.こめかみ(目尻横の少し凹んだ所)

目周りのツボ

眼球を圧迫しないように気をつけながら、息を吐きながらこれらのツボを押しましょう! むくんでいない時でもツボ押しをしていれば、「疲れ目解消」「むくみ予防」にもなります。

◆お酒が原因なら

もしもむくみの原因が前日のお酒なら、お水をたくさん飲んでみましょう!

「むくみ=余分な水分」と思い、逆に水分を摂らない方がいますが、これは間違い。実はアルコールを分解するために、お酒を飲んでいる時は体内の水分を多量に消費しているのです。しかも抗利尿ホルモン(尿を抑えるホルモン)の働きが弱まるため、尿を通常よりも多く排泄することに。

そのためお酒を飲むと、身体は「必要な水分が不足してしまっている状態」になっているのです!

まぶたのむくみを防ぐためには、「事前に」コップ1杯程度のお水を飲んで、体内の水分の循環をよくしておきましょう。

※アルコールと同時に水分を多量に取ると、さらにむくみを増長させます。お酒を飲む時よりも「前に」水分を摂取しておくことがポイントです。

◆慢性むくみの原因は枕?!

枕の高さが低いと、心臓よりも頭の位置が低くなるのでむくみやすくなります。

よく顔がむくみと感じるなら、一度枕の高さを高くしてみては? 意外にも長年のお悩みが解消されるかもしれません。

目のツボ押し

まぶたがむくんでいると「もう外に出たくない!」と思ってしまうもの。でもどうしてもそんなワケにはいかない日もありますよね。そんな時には、これらのむくみ解消テクニックを駆使して、むくみまぶたをスッキリとさせてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VINTORTEトップページBEAUTY JOURNALトップページ