敏感肌でももっとキレイに!落としやすくUVカットもできるファンデなら素肌も軽やか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1235

敏感肌だから、ファンデーションを塗ると肌が余計に痛んでしまう――このように考えて、メイクを避けている敏感肌さんは多くいらっしゃいます。
敏感肌の女性イメージ
しかし、ファンデーションどころか日焼け止めクリームや紫外線(UV)カット効果のある下地なども一切塗らない場合、紫外線を直接肌に受けてしまいます。すると紫外線(UV-A波、UV-B波ともに)は肌内部にまで届くため、将来生まれてくる肌細胞にまでダメージが蓄積されます。

これを長年繰り返すと、どれだけ外から美容液などを塗っても、生まれてくる肌細胞自体に元気がないため敏感肌は改善されません。それどころか肌老化が早まり、シミやシワなど悩みがますます増えることに。

◆敏感肌にオススメのファンデーションとは

そこで敏感肌の方にオススメしたいのが、油分が配合されていない、つまりは「クレンジングが不要な」ファンデーション。

なぜなら敏感肌の方の多くは、メイクアイテム以上にクレンジング剤によって肌を痛めている可能性が高いからです。

クレンジング剤にもさまざまな種類がありますが、特に洗浄力が一番強いシートタイプやオイルタイプの場合、界面活性剤が多く配合されているために、天然のバリア機能を果たす「皮脂膜」まで取り去ってしまいます。

※クレンジング剤について、詳しくはこちらをチェック
⇒「迷わないクレンジング!敏感肌にやさしい、お肌への負担が少ないクレンジング講座」

そのため、クレンジングによるリスクを避けるために、「クレンジングが不要、洗顔料だけで落とせる」ファンデーションがオススメなのです。

またその他にも、敏感肌さんがファンデーションを選ぶ際のチェックポイントを以下に挙げます。

◆直接お肌に塗ることが出来るかどうか

日焼け止めクリームや下地の成分がお肌に合っていない場合を考慮し、「そのファンデーションのみ(単体)で使用出来るかどうか」も重要なポイントに。

日焼け止め製品には、紫外線をカットする役割として「紫外線吸収剤」もしくは「紫外線散乱剤」が使用されています。

日焼け止めアイテムでかぶれやすい方は、「紫外線吸収剤」の化学反応が刺激となっているケースが多いため、「ノンケミカル(=紫外線散乱剤を使用している)」な日焼け止めを代わりに使用されることが増えてきました。

しかしどうしても日焼け止めアイテムに苦手意識がある場合は、スキンケア後に直接お肌に塗布できるファンデーションを選びましょう。

◆日焼け止め、紫外線防止効果があるかどうか

先述したように、紫外線は肌にダメージを与え、後々まで肌トラブルを招く原因となります。そのため、単品使いでも紫外線を防ぐことができるアイテムかどうかも重要です。
パフでファンデーションをつける女性
そもそもパウダーファンデーションは、その粒子が紫外線を跳ね返す力を持っているため、(UVカット効果を強化したものでなくても)日常的なシーンなら十分な日焼け止め効果を担います。

そのため敏感肌でファンデーション選びに悩む方は、「クレンジング不要」「単品使いが可能」なパウダーファンデーションがオススメです。

◆VINTORTEミネラルシルクファンデーション、ミネラルUVファンデーション

VINTORTEの「ミネラルシルクファンデーション」は、もちろんクレンジング不要で、「SPF20 PA++」相当の紫外線カット効果を発揮します。
ミネラルシルクパウダーファンデーション
乳液やクリームを付けられた後に、パフでくるくるトントンと軽く塗るだけで毛穴レスな肌に。しかもシルクパウダーも配合しているため、パウダーながらしっとり感が続いて崩れにくいとクチコミでも好評です。

より日焼け止め効果を求められる場合は、同じくクレンジングも下地も不要で「SPF50+ PA++++」と国内最高レベルの紫外線カット効果を発揮する「ミネラルUVファンデーション」もオススメ。
VINTORTE ミネラルUVパウダーファンデーション
どちらも敏感肌の方のお悩みをカバーして、より魅力的な肌を演出するお役立ちアイテムです。一日中、外の刺激にさらされるお顔だからこそ、優しくも頼りになるファンデーションで、いつまでもキレイな笑顔を守りませんか。

「ミネラルシルクファンデーション」の商品詳細はこちら

「ミネラルUVファンデーション」の商品詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VINTORTEトップページBEAUTY JOURNALトップページ