梅雨の季節に保湿抜きはNG!梅雨がもたらす肌トラブルとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

418

梅雨の季節が始まりますね。この時期、ジトジトした肌の不快感から解放されたい、と願っている方は多いのではないでしょうか。
傘を差している女性
そのせいで「化粧水だけでさっぱり!」という間違ったスキンケアをしていませんか? 梅雨の季節に保湿ケアを怠ることで招く、肌トラブルとケア方法をご紹介します。

◆梅雨の肌に起こるインナードライ

冬や春には、50%台だった湿度が、梅雨から夏にかけて80%に近づいてきます。

肌に適した湿度は60%と言われ、過剰な湿気で肌はべたつき、メイクもすぐに浮いてしまう嫌な季節が到来します。汗で流れる老廃物と皮脂が混ざり、テカテカになった肌を見るとゾッとしますよね。

梅雨の時期には、エアコンで除湿された部屋に入ると、とても快適に感じますが、これがインナードライを引き起こす原因にもなっているのです。

屋外での湿気のせいで肌が潤っていると勘違いし、湿度の低い部屋に入ってさっぱりした気分になる――こんな経験、何度もあるのでは。しかし、汗が乾燥するときに、「肌の水分も一緒に蒸発している」ことをご存じでしょうか。

また、肌が脂っぽくベッタリしているのは、「内側から出る水分と油分」のせいだとは知らない方も多いのではないでしょうか。

実は、肌の水分が蒸発するたびに、肌内部からは水分や油分が出る状態。この繰り返しにより、肌の内側では乾燥が起こっているのです。これを「インナードライ」といいます。

インナードライが起こっている肌のバリア機能は、低下しています。そして梅雨時期に増える「空気中の細菌」が、バリア機能の低下した肌に付着し、どんどん悪さをするのです。

◆梅雨の時期にこそ保湿を

肌のバリア機能が低下しているのに、保湿を怠ってしまうと、悪影響から肌を守ることはできません。

普段は乾燥肌なのに、梅雨になると皮脂分泌が過剰になるのは、インナードライを引き起こしているかもしれません。暑さや湿気のせいにせず、バリア機能を正常に戻しましょう。

そのためにも重要なことは、スキンケアです。化粧水を両手にとり、顔を覆います。しっかり肌に染み込ませるような気持ちで、顔を押さえましょう。

さらに、湿度が高くても化粧水だけのスキンケアでは、肌の水分がどんどん蒸発してしまいます。化粧水のあとには、必ず油分を含んだ乳液や保湿クリームで保護してください。

◆毛穴&UVケアも忘れずに

毛穴が開いたままでは、皮脂の分泌が増えてしまいます。酸化した皮脂は、黒ずみやシミの原因にもなります。また、古い角質は、細菌の温床になっています。

週に一度は毛穴ケアやピーリングで、毛穴汚れや角質オフを行いましょう。

また、梅雨の暗い空で忘れがちなUVケアですが、6月の紫外線量は7月や8月と大きく変わりません。紫外線によるダメージは、肌の乾燥も引き起こします。UVケアもしっかり行ってくださいね。

あじさいと女性
テカテカの肌から皮脂を取り除こうと、丹念に脂とり紙を使用している女性を見かけます。しかし、皮脂は取り除き過ぎると「足りない」と身体が反応して更に脂を出してきます。

脂とりは軽く押さえる程度にし、粒子の細かいルースパウダーやパウダーファンデーションを使用してみてください。肌をサラサラにするだけでなく、空気中の細菌などの外的刺激からも肌を守ってくれますよ。

【オススメアイテム】
●保湿美容液「Le:COOC(ルクーク)PGCモイストスキンセラム」の商品詳細はこちら
LeCOOC(ル・クーク)PGCモイストスキンセラム(美容液)

●フェイス&ボディ用日焼け止め「ミネラルUVクリーム」の商品詳細はこちら
ミネラルUVクリーム

●「ミネラルUVファンデーション」の商品詳細はこちら
ミネラルUVファンデーション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VINTORTEトップページBEAUTY JOURNALトップページ