崩れにくいベースメイク、皮脂毛穴カバーはテクニックを使って!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6036

夏本番が近づくにつれ、心配になるのがメイク崩れと広がる毛穴……。気温が上がるほどに毛穴の開きが気になる場合、紫外線や冷房などで肌表面が乾燥している可能性があります。
メイク崩れを気にする女性
なぜなら肌表面が乾燥していると、肌の防衛反応として「皮脂が過剰分泌」され、結果として毛穴が広がってしまうからです。これでは大人ニキビも出来やすい肌環境に!

ではそのような「皮脂毛穴」に対処し、崩れにくいベースメイクを作るにはどうすれば良いのでしょうか。敏感肌、ニキビ肌さんでもご使用できるおすすめアイテムと共にご紹介します。

◆肌自体の乾燥改善を!

メイクに取り掛かる前に、まずは肌自体の乾燥を改善しましょう。皮脂くずれが気になるからといって、保湿を疎かにしていると、ますます皮脂が過剰分泌されてしまいます!

化粧水のみで終わらせず、必ず乳液やクリームまで使用し、最後に両手で顔を包んでハンドプレスをして、肌にしっかりと密着させましょう。ベタつきが残る場合は、優しくこすらずティッシュオフ(ティッシュを顔に乗せて押さえる)して下さい。

※テカリやすいTゾーンは「薄め」に、乾燥しやすい頬や目周りは「多め」に、乳液・クリームを塗って下さい。

◆メイク下地で密着感&紫外線カット

普段はお化粧下地を使用していない場合でも、夏の崩れやすい時期は下地使用をオススメします。

紫外線による肌老化を防ぐためにも、「日焼け止め効果が高く」かつ「潤いのある」メイク下地がオススメです。

また美容液成分配合でキメが整う下地なら、毛穴の開きがカバー出来るため一石三鳥にもなりますよ!

◆顔&ボディ用日焼け止め(化粧下地)「ミネラルUVクリーム」


新ミネラルUVクリームメイン

国内最高UVカット値の【SPF50+,PA++++】、なのに肌への優しさを両立させたミネラルUVクリーム。

紫外線吸収剤を使用しないノンケミカル処方。さらには石油系界面活性剤やタルク、パラベンなど、肌荒れの原因になりやすい9つの成分を無添加に! 植物由来の美容成分&植物オイルが環境ストレスからお肌を守って、内側から潤う美肌を叶えます。

石けんで落ちるので小さなお子様でも安心してご使用になれますよ!
●顔&ボディ用日焼け止め(化粧下地)「ミネラルUVクリーム」の商品詳細はこちら

◆毛穴カバーも透明感も手に入る「ミネラルシルクメイクアップベース」

新ミネラルシルクメイクアップベースmainimage
毛穴カバーも透明感も手に入れたい。でも過剰な成分は肌に乗せたくない--そんな繊細なお肌の現代女性に向けた、新しいメイクアップベース(化粧下地)が誕生しました。

キハダ樹皮エキス、カンゾウ根エキスなど6種の植物エキスで乾燥や、環境ストレスからお肌を守りやさしくケアしつつ、美肌効果も◎。もちろん石油系界面活性剤・紫外線吸収剤などは無添加です。

色むらを補正して内側から輝くツヤ肌へと魅せる、ミネラル×植物エキスのメイク下地は、石けんで落とせるのも敏感肌さんへのおすすめポイントです!
●「ミネラルシルクメイクアップベース」の商品詳細はこちら

◆リキッドファンデーションで乾燥を防ぐ

ベタベタ崩れが嫌で、皮脂が多い方ほど「夏はパウダーのみ」という意見がよく聞かれます。

しかし「乾燥による皮脂過多タイプ」の場合は、リキッドファンデーションを使用することをオススメします。
※肌質が元々「オイリータイプ」の方は、パウダーをご使用ください。

リキッドファンデーションを塗る際のポイントは、「指で」「薄く」「(毛穴に)叩き込む」こと。

また、焼けやすい頬は少し重ね塗りをして、フェイスライン(顔の外側)に行くほど薄く自然に首へとつながるように量を調節しましょう。

最後にスポンジで軽く叩きながら、余分なファンデーションや皮脂を取り除きます。

仕上げとして、(乳液と同じく)両手で顔を包んでハンドプレスをして、肌にしっかりと密着させましょう。ベタつきが残る場合は、優しくこすらずティッシュオフして下さい。

◆石けんで落とせる美容液リキッドファンデーション

美容液リキッドファンデメイン
「年齢肌が気になる」「肌にツヤ感がもっとほしい」など、お肌の乾燥悩みを抱える敏感肌さんにおすすめなミネラルリキッドファンデーション。

美容液成分80%以上で、まるで美容液から生まれたようなリキッドファンデは、乾燥しやすいお肌をぷるんと一日中うるおいたっぷりに仕上げます。

ノンケミカルでSPF25,PA++の紫外線カット値ながら、不要な成分は無添加でお肌への負担を軽減。クレンジング不要、石けんでオフできる優秀さがクチコミでも大人気です!
●「美容液ミネラルリキッドファンデーション」の商品詳細はこちら

◆最後にパウダーで毛穴レス肌に

フェイスパウダーまたはパウダーファンデーションを重ね、ヴェールで覆ったような毛穴レス肌にします。

パフにパウダーを揉み込み、(横に伸ばさず)ポンポンと顔に付けます。「肌に密着させる」ことを念頭に置きましょう。

さらに「毛穴の向き」を意識して、「下から上」へとつけることを心掛けて下さい。

◆ミネラルとシルクの力で毛穴レス美肌「ミネラルシルクファンデーション」


ミネラルシルクファンデーションメインモデル
余分な成分は使わず、ミネラルとシルクのパウダーが毛穴を隠してふんわり美肌へと導くミネラルシルクファンデーション。

毛穴を詰まらせないため、ニキビにお悩みの方や化学成分でお化粧かぶれしやすい敏感肌の方でも安心してご使用になれますよ。

お化粧下地もクレンジングも不要、石けんで落とせる優しさも人気の秘密。夕方までくすまずに皮脂を吸着するので、「まるで素肌がきれい」な仕上がりが続く美肌パウダーファンデーションです。

●「ミネラルシルクパウダーファンデーション」の商品詳細はこちら

◆「SPF50+PA++++」のUVカット値パウダーファンデーション


ミネラルUVファンデメイン
ミネラルシルクファンデーションに、さらに紫外線カット値をアップさせたファンデーションが「ミネラルUVファンデーション」。

UVカット値は国内最高のSPF50+ PA++++。なのにお肌への負担はなく、軽やかに日焼けを防いで皮脂崩れの心配もありません。クルクルトントンとパフでつけるだけで、毛穴も紫外線ダメージもカバーできる優秀アイテムです!
●「ミネラルUVファンデーション」の商品詳細はこちら

◆透明ツヤ感を演出する色なしフェイスパウダー「ミネラルUVパウダー」


ミネラルUVパウダーメイン
●「ミネラルUVパウダー」の商品詳細はこちら

◆お肌は日々変化します。

女性にとって汗や皮脂は悩みモノ。しかし暑さを言い訳に「キレイでいること」を忘れたくはないですよね。

メイクをティッシュオフする女性

季節によるお肌のコンディションに合わせて、ファンデーションなどの「メイクアイテム」や「アイテムの使い方」に工夫を加えれば、必ずその成果は出ます。乾燥にもベタベタ皮脂にも負けず、凸凹の目立たない美肌で、いつでも自信を持って笑えるように参考にしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VINTORTEトップページBEAUTY JOURNALトップページ