ノンケミカルってなに?紫外線吸収剤と散乱剤の仕組みとメリット・デメリットを知りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

217

ここ数年、紫外線(日焼け)による肌へのダメージが取りざたされ、日焼け止めの重要性がかなり広く認知されるようになりました。
日焼け止めを塗る女性
しかし意外にも、日焼け止めアイテムがなぜ日焼けを防止できるのか、その仕組みについて疑問に思う方は少ないかもしれませんね。そこでここでは、日焼け止めアイテムに使われる成分とその機能・仕組みについて、ご説明していきます。

◆紫外線吸収剤の仕組み

日焼け止めに使われる成分には、現在2種類が存在します。一つは「紫外線吸収剤」、もう一つは「紫外線散乱剤」と呼ばれるものです。

昔からよく使われていたのが「紫外線吸収剤」という有機化合物。吸収剤という名前どおり、この成分は「自らが紫外線を吸収する」ことで、肌に紫外線が届かないようにしています。

紫外線吸収剤は紫外線を防ぐ力が強いため、UVカット効果の高い製品ほど使用されている事が多いのですが、残念ながら人によっては肌荒れを起こしてしまう場合があります。

というのも、この成分は紫外線を吸収した際に、「化学反応」を起こし熱を発するため、それが刺激となるからです。※熱く感じるほどの熱ではありません。また、全ての方に刺激がある訳ではありません。

さらに、紫外線を浴びて化学反応を起こす度に、成分の分子が壊れてしまうため、効果が長く持続せず、こまめに塗り直す必要があります。

ではなぜ日焼け止めアイテムに多く使用されているかと言うと、紫外線吸収剤は「透明」で、テクスチャーも「なめらか」に作ることができやすいため。白浮きせずに塗れることが、使用者に好まれるのです。

◆紫外線散乱剤の仕組み

紫外線散乱剤もまた名前どおり、鏡が光を反射させるように、紫外線を「散乱(反射)」させることで肌に届かないようにしています。

紫外線吸収剤と異なり、紫外線散乱剤は化学反応を起こしません。そのため「紫外線吸収剤」を使った日焼け止めでかぶれやすい方でも、使用しやすくなっています。
※全ての方に刺激がないわけではありません。

また化学反応を起こさないということは、分子が壊れにくいため、UVカット効果が長時間続きます。なお、紫外線散乱剤は「有機化合物」ではないため、「ノンケミカル」と表示されます。

ではなぜすべての日焼け止めアイテムが、(紫外線吸収剤ではなく)紫外線散乱剤を使用しないのでしょうか。それは、散乱剤が「白浮き」しやすいからです。そのため「透明感」を重視すると、紫外線吸収剤を採用するケースが多いのです。

ただし、最近では技術の進歩により、紫外線吸収剤の成分をカプセルで包み、肌への刺激を少なくしたり、紫外線散乱剤の白浮きが改善された製品が開発されています。

◆VINTORTE「ミネラルUVクリーム」

VINTORTEの「ミネラルUVクリーム」は、紫外線吸収剤不使用の「ノンケミカル」処方。これまで日焼け止めが苦手、かぶれやすかった方にも使って頂けるように、できる限り余分な添加物は避け、お肌への負担を減らしました。

また、紫外線散乱剤のデメリットである「白浮き」をなくし、お肌にすっと伸ばすと透明に。美容成分が配合されているため、お肌のくすみをカバーし透明感を与えます。保湿力が高くウォータープルーフのため、お化粧下地としてもオススメです。

塗り方のポイントは、まずは手の甲に「パール粒大」を出して、なじませること。その後、お顔全体に広げます。特に焼けやすい部分(頬や鼻筋)には、しっかりと重ね塗りしてください。

やさしい使用感で「SPF50+PA++++」の国内最高基準のUVカット値を実現。いつまでも紫外線に負けない、健やかなお肌を「ミネラルUVクリーム」でキープしませんか?

【オススメアイテム】
ミネラルUVクリーム
●フェイス&ボディ用日焼け止め「ミネラルUVクリーム」の商品詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VINTORTEトップページBEAUTY JOURNALトップページ