フェイスにもボディにも使える日焼け止め、ノンケミカルがオススメの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1298

最近では単に美白という意味合いだけではなく、紫外線の肌への悪影響が広く知られるようになり、日焼け止めクリームを一年中使用される方が増えてきました。
子どもの顔に日焼け止めクリームを塗る女性
しかし中には「日焼け止めを塗るとかぶれてしまう」「なんとなくヒリヒリして苦手」という敏感肌の方も……。そのような「アンチ日焼け止めクリーム」な方に試してもらいたいのがノンケミカル処方の日焼け止めです。

◆「ノンケミカルな日焼け止め」の意味とは

「ノンケミカル」とは、直訳すれば「化学成分無配合」のこと。しかし日焼け止めアイテムに関しての「ノンケミカル処方」とは「紫外線吸収剤を含んでいない=(紫外線吸収剤の代わりに)紫外線散乱剤を使用している」という意味になります。

では紫外線吸収剤と散乱剤とは、どのような作用があるのでしょうか。

簡単にご説明すると、その名の通り「紫外線吸収剤」は、紫外線を吸収することで肌を紫外線から守ります。しかし紫外線を吸収する際に化学反応を起こして熱を発するため、肌質に合わない場合は肌荒れを起こす方もいるのです。

さらに化学反応を起こすことで構造自体も変化するため、時間が経つほどに紫外線を吸収する機能がなくなります。そのため、紫外線吸収剤を含む日焼け止めは何度も塗り直す必要があるのです。

◆紫外線散乱剤のメリット・デメリット

では紫外線散乱剤とはどのような成分なのでしょう。散乱剤は皮膚上で紫外線を反射(つまり散乱)させることで、肌まで紫外線が届かないようにする機能があります。紫外線吸収剤のように化学反応を起こさないため、肌への負担が少ないと言えます。

ではなぜ全ての日焼け止めアイテムに紫外線散乱剤が採用されないのでしょうか。その理由に、「紫外線散乱剤は白浮きしやすく、肌が乾燥しやすい」という点が挙げられます。

そのため紫外線散乱剤を使用した日焼け止めクリームの使用感を、あまり好まない方も少なくありません。

◆保湿も透明感もかなう最強UVカットクリーム

そこでVINTORTEでは、お肌への負担が少ないノンケミカル処方ながら、白浮きや乾燥といった従来の紫外線散乱剤のデメリットをカバーしたアイテムを開発しました。
ミネラルUVクリーム
セラミド、ヒアルロン酸、シルク、その他の美容成分を配合することで、お肌に潤いと透明感をプラス。ボディはもちろん、お化粧下地としても優秀な「ミネラルUVクリーム」なら、1本で全身を紫外線から守ることができます。

さらに紫外線カット数値は「SPF50+ PA++++」と国内最高レベル。シミ・シワの原因となるUV-A波も、メラニン色素を沈着させシミを発生させるUV-B波もしっかりと防ぎます。

◆肌老化の原因は1年中降り注いでいます!

使用感も肌への優しさも両立させ、未来の肌を守り抜く「ミネラルUVクリーム」。
日差しを顔に受ける女性
しっとりと肌をいたわりつつ、1年中降り注ぐ紫外線を強力にカットすることで、シミ・シワ・たるみなどの肌老化を存分に防いでみませんか。

「ミネラルUVクリーム」の商品詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VINTORTEトップページBEAUTY JOURNALトップページ