BEAUTY LIFE2016/2/26UP

黒木 絵里さん

メイクアップアーティスト
美容ライター
黒木 絵里さん

〜女心と肌のバランス〜

“女心と秋の空”とはよくいったもので、これは、女性の気持ちは移ろいやすいことを指しています。一般的に、春や秋というのは過ごしやすい季節といわれていますが、季節の変化をとても感じやすく、メンタルや体のバランスともに不安定になりやすい時期でもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

462

“女心と秋の空”とはよくいったもので、これは、女性の気持ちは移ろいやすいことを指しています。

一般的に、春や秋というのは過ごしやすい季節といわれていますが、季節の変化をとても感じやすく、メンタルや体のバランスともに不安定になりやすい時期でもあります。
悩みのある女性の
立春が過ぎ、桜の花びらが待ち遠しくなるこの季節は、寒暖差が激しく、体や肌にとって大きなストレスです。

暖かくなったなぁと思っていたら、翌日は真冬並みに冷え、就寝時の布団選びに困ることも。

こうした気温の急激な変化は、自律神経にも影響を及ぼします。そのため、体調不良はもちろんのこと、皮脂分泌のバランスが崩れ、肌状態が悪化することも。

女性の性格は月に4回変わる!?

女性は、月に4種類のホルモンが増減を繰り返し、ホルモンのバランスによっては、体調不良や肌トラブルを引き起こすこともあります。

つまり、目で見ることができないホルモンバランスが、女性の心や体の健康を左右するといっても過言ではないのです。

女性は、日々、気温やホコリ、紫外線などの外的要因と、体内で起きているホルモンバランスの変化などの内的要因の両面から『ゆらぎ』を感じているのです。

暖かくなったり、寒くなったり……。

調子が良くなったり、悪くなったり……。

それはまるで、女心のように変わります。

年齢を重ねるとともに、ホルモンバランスの乱れや肌のゆらぎも起こりがち。

女性のゆらぐ心と肌は、とてもデリケート。丁寧にケアをすることが大切です。

さらには自律神経が乱れることで、皮脂分泌のバランスも乱れがちに。自律神経の働きを整えるためにも、リラックスを心がけることが必要です。

心地よい音楽を聴いたり、自然豊かな景色を目にしたり。
そんな小さなことも、私たちの体にとっては、とても大切なことなのです。

ゆらいだ肌のケア方法

季節の変わり目に肌がヒリついたり、赤みやかゆみを帯びたことはありませんか?

それは、季節の移ろいについていけず、肌が疲れてしまった証。そんなときは、「プラス」のケアではなく、「マイナス」のケアを取り入れてみましょう。

1.お湯の温度に気をつけて

クレンジングや洗顔時のお湯の温度は、36℃から38℃くらいのぬるま湯で。もう少し温かいほうがいいなぁと思う程度が、肌にとっては適温です。

2.クレンジング剤や洗顔料はやさしい処方のものをチョイスする

肌につけるものは、基本的には刺激になると心得ましょう。そのため、できるだけやさしい処方のものを選ぶことで、肌への負担を軽減します。

洗浄力の高いものほど、肌への負担は大きくなるため、洗浄力がマイルドなミルクタイプやクリームタイプを選びましょう。

また、朝洗顔をする場合、必ずしも洗顔料が必要というわけではありません。肌への刺激を考慮すると、ぬるま湯ですすぐ程度でOKです。

3.スキンケアは「シンプル イズ ベスト」

普段は、化粧水に美容液、オイルなど、あらゆる美容アイテムを使っていたとしても、こういう場合は、「化粧水と乳液」もしくは「化粧水とクリーム」というように、シンプルに肌を保護するようにしましょう。

普段、肌に良かれと思ってつけているアイテムも、このような敏感な肌状態のときは、刺激になってしまうこともあるので要注意。

また、バリア機能が低下している肌状態を回復させるために必要なのは、セラミド成分。セラミドが豊富に配合されているアイテムをチョイスするのがベターです。

4.外出時のUV対策は忘れずに

肌が敏感なときは、何もつけない方がよいというのはNG。UV対策をしていない肌は実に無防備で、プラスなことが1つもありません。

この場合、敏感肌でも使えるような、ミネラルコスメをやさしくつけるのがポイント。ファンデーションも、肌色をキレイにみせるだけでなく、UVカット効果があるものをつけることで、外的刺激から肌を防御します。

ゆらぎ肌でも使える筆者愛用のやさしいファンデーション

花粉が飛び始める2月。筆者は、花粉さえも肌への刺激になってしまい、赤みとかゆみを引き起こします。

しかし、職業柄、すっぴん状態はNG。そのため、石けんで落とせるので、クレンジングによる肌への負担を軽減できる『VINTORTE ミネラルシルクファンデーション』を愛用しています。
ミネラルシルクパウダーファンデーション
ミネラルファンデーションは、肌へのやさしさを考慮しすぎて、カバー力が心配……と思っていましたが、取り越し苦労に終わりました。

付け心地はとても軽いのに、ふんわりとした密着力で肌のキメまでカバー。筆者がもつ、ミネラルファンデーションの概念が、いい意味で崩れました。
美しい花と微笑む女性のイメージ
年齢を重ねるとともに増えていく悩みも、上手に乗り越えられるのが大人の女性。

自分の心と体をよく見つめ、心躍る季節を全力で楽しみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VINTORTEトップページBEAUTY JOURNALトップページ