ルースパウダーとプレストパウダー、使い方と選び方をおさらいしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2400

長年メイクをしていても、「正直イマイチ違いが分からない」「いつ使うのか分からない」という声が聞こえるのがパウダー類。
ファンデーション各種
「ルースパウダー」「プレストパウダー」――これらの違いが曖昧なまま、なんとなく手持ちのアイテムを使っている方、もしかしたらモッタイナイ使い方をされているかもしれませんね。

そこで初心に戻って、ここでパウダーコスメの基本についておさらいしてみましょう。

◆ルースとプレストの意味

まず「ルース」と「プレスト」の意味についてご説明します。

「ルース」とは英語の「loose(緩んだ、バラバラの状態)」を指しています。その反対に「プレスト」は、「pressed(押し固められた)」という形状を指しています。

以上から、「ルースパウダー」とは、いわゆる「粉状のサラサラとしたパウダー」のこと。「プレストパウダー」とは、「(本来は粉状のものを)プレスして固形にしたパウダー」を意味します。

ですからファンデーションにおいても、「パウダーファンデーション」は粉状であり、「プレストファンデーション」はお粉が固まった状態なのです。

※ちなみに「白粉(おしろい)」とは、「ルースパウダー」または「プレストパウダー」と同意語であり、「ファンデーション」とは異なります。

◆ルースパウダーとは

ルースパウダーの使い方、役割やメリット、注意点について、以下に挙げます。
パウダーファンデーション
●使い方
リキッドまたはクリームファンデーションなど、液体状のファンデーションの後に、肌に定着させて持ちを良くする目的で付けます。

●役割、メリット

1:ヴェールをかけたような、優しいふんわりとした質感を演出できる。
2:パウダー自体は無色または薄い色味が多いため、(単体使用を想定したパウダーファンデを重ねるよりも)ナチュラルに仕上がる。
3:パフ、ブラシでさっと付けるだけで良いため、テクニック要らずで使いやすい。

●注意点
パウダー状のため、外出先でのお化粧直しには、どちらかと言うと使いにくい。

◆プレストパウダーとは

プレストパウダーの使い方、役割やメリット、注意点について、以下に挙げます。
プレストファンデーション
●使い方
(ルースパウダーと同じく)リキッドまたはクリームファンデーションなど、液体状のファンデーションの後に、肌に定着させて持ちを良くする目的で付けます。

また、エマルジョンファンデーション(最初はリキッドだが、肌に載せてからしばらくするとパウダー状に変化するファンデーション)を使用する際、テカリが気になる箇所のみを押さえる使い方もできます。

●役割、メリット
1:(ルースに比べてしっかりとつくため)、落ち着いた質感を演出できる。
2:パウダー自体は無色または薄い色味が多いため、(単体使用を想定したパウダーファンデを重ねるよりも)ナチュラルに仕上がる。
3:固まっているため持ち運びしやすく、外出先のお化粧直しにも使いやすい。

●注意点
雑に塗るとムラが出来やすいため、適度に注意が必要。

◆アイテムは使い分けて

ルースパウダー、プレストパウダーともに、メインのファンデーションやコンシーラーの後に塗ることで、お化粧持ちを良くして肌をよりキレイに見せる機能があります。
パフでメイクする女性
なりたい質感や使用したいシーンに合わせて、ルースとプレストを使い分け、メイクの幅をベースから広げてみてはいかがでしょうか。

【オススメアイテム】ミネラルシルクパウダーファンデーション
ミネラルシルクパウダーファンデーション
水分も油分も含まない高純度のミネラルを配合し、防腐剤・タルク・オイル・界面活性剤など肌に負担のかかる成分を排除しました。『つけたまま眠れる』『石鹸でも落ちる』ほど、肌にやさしいミネラルファンデーションです。
商品詳細はこちら

【オススメアイテム】ミネラルシルクプレストファンデーション
ミネラルシルクプレストファンデーション
ヴァントルテの象徴でもある「シルク」のパウダーの配合により、カバー力 + ふんわりとしたナチュラルな風合いを表現する事に成功したプレストファンデ。カバー力と仕上がりの良さにこだわっています。
商品詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VINTORTEトップページBEAUTY JOURNALトップページ