BEAUTY LIFE2016/1/29UP

黒木 絵里さん

メイクアップアーティスト
美容ライター
黒木 絵里さん

〜女性とメイク〜

皆様は、なぜメイクをされますか?

“キレイだと思われたい”、”キレイになりたい”という、自己満足と他人からの評価が大半を占めると思います。これは、女性として生まれ持った当然の心理で、「美意識」と呼ばれるものです。メイクは、今の自分よりも、もっと美しく見えるように、また、見せる(魅せる)ように、変身する手段なのです。人は、目で見ることで、美しいと感じたり、醜いと感じることが多い性質上、目から入る情報に手を加えることで、より美しく感じさせることが可能です。ですから、女性にとって”メイク”とは、生きる上で、「最強の武器」だといえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2518

“メイク”とは、一般的に「化粧をする」という風に理解されています。単語自体は、「作る」「創作」などの意味を持ちますが、日本では、”メイクアップ”の略語として使用されているのが主です。

メイクブラシ各種を持ち、お化粧にこだわりのある強い眼差しの女性のバストアップ

少しオーバーに表現すると、”顔を作り上げる”ということ。

そう、筆者が思う”メイク”とは、まさに「錯覚」です。

女性と美意識

皆様は、なぜメイクをされますか?

“キレイだと思われたい”、”キレイになりたい”という、自己満足と他人からの評価が大半を占めると思います。

これは、女性として生まれ持った当然の心理で、「美意識」と呼ばれるものです。

メイクは、今の自分よりも、もっと美しく見えるように、また、見せる(魅せる)ように、変身する手段なのです。

日本女性は、古く平安時代より、顔に白粉(おしろい)を塗り、紅をさし、眉墨で眉を描くなどの高い美意識が根付いています。

それが時代とともに、使用するツールや手法も変化を繰り返し、現代へと継がれているのです。

このように、”女性”と”メイク”の関係というのは、非常に長い歴史をもったものなのです。

メイクと自己表現

昔は、通り一辺倒であったメイクの手法も、今では、ファンデーションの塗り方やアイシャドウの塗り方ひとつで、フェイスラインをシャープにみせたり、目を大きくみせるなど、人の顔型やパーツの形によってカスタマイズできるようになりました。

そのため、”メイク”とは、ただキレイにみせるだけでなく、”こう見られたい!”という自己表現の手段として用いるまでに変化したのです。

小さい頃、母親の口紅を大胆に唇に塗った経験はありませんか?

思い起こせば、筆者にもそんな小さい頃から「美意識」のカケラが備わっていたのかと微笑ましくもあり、また、とても不思議な気分です。

そんな出来事も、当時は、小さな自己表現のひとつだったのですよね。

大人になった今、肌の色や質感、眉の形やリップの色などを自由にチョイスし、自分をもっと美しく表現することができるようになったことは、無駄に年齢を重ねただけでなく、女性としての進化を遂げているのだなと誇らしく思います。

ノーメイクのときは、どことなく自信がなくうつむきがちな姿勢も、メイクをすることによって、言いようのない自信や積極性が生まれ、背筋もシャンと前向きに。

これは、精神的にとてもポジティブなことであり、自然と笑顔になって、自分だけでなく、周囲までハッピーな気分にすることができます。

メイクは最強の武器

筆者は、職業柄、たくさんの女性にメイクをする機会があります。

あるとき、”たれ目がコンプレックスだ”という女性と出会いました。筆者は、アイラインやアイシャドウでたれ目をカバーするように手を加え、ナチュラルに見える目の形に仕上げました。

すると、女性の目はみるみるうちに輝き、笑顔があふれたのです。

そして一言、「先生!魔法みたい!」と。

メイクアップアーティストにお化粧をしてもらっている美しい女性

アイラインの引き方、アイシャドウのぼかし方ひとつで変わることができた! と感じた女性に、筆者は魔法をかけたわけでなく、「錯覚」をさせたのです。

だって筆者は、魔法使いではなく、メイクアップアーティストですからね!

人は、目で見ることで、美しいと感じたり、醜いと感じることが多い性質上、目から入る情報に手を加えることで、より美しく感じさせることが可能です。

ですから、女性にとって”メイク”とは、生きる上で、「最強の武器」だといえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VINTORTEトップページBEAUTY JOURNALトップページ