迷わないクレンジング!敏感肌にやさしい、お肌への負担が少ないクレンジング講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

708

多少ともお肌のことが気になる方は、化粧水や美容液などのスキンケア・アイテムやファンデーションなどのメイクアイテムに気を使いがち。でも実際は、クレンジングの段階からスキンケアは始まっています!

クレンジング剤に悩む女性

特にお肌が敏感になっている時や慢性的な肌トラブルのある方は、クレンジングの種類や方法を見直すだけでずいぶん肌状態が改善されることもあります。

◆クレンジングの種類と洗浄力・刺激の強さ

クレンジングの種類は大きく分けて5つ挙げられます。以下、刺激の強い順に並べます。

シートタイプ>オイルタイプ>ジェルタイプ>クリームタイプ>ミルクタイプ

1:シート(拭き取り)

油分でメイクを浮かせずに、界面活性剤のみでメイクを落とすために刺激が強い。さらに肌に直接シートを当ててこすってしまうため、肌表面に傷がつきやすい。

2:オイル

洗浄力が強い分、界面活性剤の配合量が多い。多用すると肌の乾燥を促進させる。濃いメイク時のみの使用がオススメ。

3:ジェル

水性タイプと油性タイプがある。油性タイプの方が洗浄力はあるが、オイルタイプと同様まつげエクステには使用不可。

メイクをしっかり落としたいものの、オイルタイプでは刺激を感じる時にオススメ。

4:クリーム

油分と界面活性剤が適度に配合されているため、刺激が弱い割には洗浄力がある。日常使いにオススメ。

5:ミルク

水分が多いため洗浄力は弱い反面、肌への刺激も弱い。メイクが薄い時や肌が敏感になっている時にオススメ。

※合成界面活性剤とは、水と油分をなじませるために、クレンジングなどの洗剤に配合される。その強い洗浄力から「角層(肌表面の層。外部刺激からの保護や肌内部の水分蒸発を防ぐ働きをする)を破壊する」性質がある。

◆正しいクレンジング方法

基本的にどのタイプであろうとも、メーカー指定の「適量」を守りましょう。少なすぎると肌を過剰にこすったり、落ちにくいために必要以上に長く肌に乗せていることになります。

コスメのビンを持つ女性イメージ
また、アイメイクや口紅が濃い場合は、先にポイントメイク・リムーバーで落としておきましょう。その際はコットンに充分染み込ませ、両目とリップに1分程度乗せてから、やさしく拭います。目元、口元は皮膚が薄く色素沈着しやすいため、無理に擦り取らないようにして下さい!

1:皮脂量が多く肌に厚みのあるTゾーン(額から鼻)にクレンジング剤を乗せ、やさしくメイクとなじませます。汚れがたまりやすい小鼻は指の腹を使ってクルクルと。

2:次に乾燥しやすいUゾーン(顎から両頬)に乗せ、やさしくメイクとなじませます。

3:目元、口元にも乗せ、特にやさしくメイクとなじませます。

4:33度前後のぬるま湯で(高温だと過剰に皮脂が流れやすくなります)、肌をこすらずにすすいでください。

クレンジングの全工程は、1分強を目安に行いましょう。長すぎると肌への負担となってしまいます。

◆正しいクレンジングが美肌の土台に

どれだけ成分にこだわったお化粧品や高級な美容液を使用しても、お肌が素になるクレンジングで肌表面を痛めていてはムダになってしまいます。しかし油分を含んだメイクをする限り、クレンジングは必ずしなくてはいけません。

美しい肌の女性のアップ

メイクを楽しむためにも、クレンジング方法を見なおして、お肌状態を上向きにしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VINTORTEトップページBEAUTY JOURNALトップページ