2018アイブロウメイクはハンサムアーチ眉!女性らしさと意志の強さを両立させた眉毛が旬美人を作る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1697

モデルや女優さんの顔を、ほんの数年前に発売されたファッション雑誌などで見た時、なんとなく「昔のメイク」と感じることはありませんか?

たった1年前でさえも「昔っぽい」「古っぽい」と感じさせる原因の多くは、実は「アイブロウ(眉毛)」の形。ファッションがシーズンごとに移り変わるのに合わせて、その時期や時代にあった眉毛の形があるのです!

キレイなハンサムアーチ眉の女性

「流行のメイクを追うのはあまり得意じゃない」という方でも、アイブロウだけは気にして、少しだけいつもと違った形づくりをしてみませんか? さっそく2018年人気のアイブロウメイクについて見てみましょう!

◆2018年は現代的なハンサムアーチ眉

2018年の眉メイクの合言葉は「アーチ眉」。弓なりに、ゆるくカーブのついたアイブロウが基本となります。

これまで長く人気だった「太め」の「平行眉」に対し、アーチ眉はより女性らしい優しい曲線を描きつつ、甘すぎない存在感も両立させます。

女性らしさをプラスとは言え、現代的な女性の意志の強さは忘れずに、通常のゆるやかなアーチ型よりも、眉山までは直線的に描き、太さも残すのが今年のアーチ眉の特徴です!

◆ハンサムアーチ眉の基本の形

ハンサムアーチ眉を描く前に、まずは自まゆ毛の形を整え、基本の形をチェックしましょう。

■眉毛の基本形について、より詳しくはこちらの記事がオススメ
『美人は眉毛で決まる!小顔の秘密は眉にあり』

【アイブロウの基本の形チェック】
・眉頭(眉毛の始まり)から直線に下に下ろすと、小鼻に当たりますか? 眉頭は目頭よりも鼻寄りになっていますか?
・眉山(眉毛が一番高くなる箇所)は黒目の外側と目尻の間にありますか?
・眉尻(眉毛の終わり)は、小鼻から目尻を結んだ延長線上にありますか?

眉毛(アイブロウ)の黄金比

「眉頭」「眉山」「眉尻」の3点の位置を押さえておけば、とりあえずはトレンドに左右されない、キレイな眉毛をキープできます。

◆ハンサムアーチ眉の太さの比率

基本を押さえた後は、ハンサムアーチ眉にするための重要ポイントである「太さ」について。

ハンサムアーチ眉は、前シーズンから引き続き「太め」で存在感を出します。とは言え、眉頭から眉尻まで同じ太さでは当然ながらありません!

太さの比率の目安は、

・眉頭~黒目の上あたりまで・・・3
・黒目の上を通過~眉山まで・・・2
・眉山を通過~眉尻まで・・・1

この太さの比率を基本に、顔の形とのバランスを見ながら描いてみましょう!

眉毛の太さの参考イメージ

なお、通常のアーチ眉とは違って、眉頭から眉山までは大きくカーブさせません。ハンサムな強さを出すために、あえて直線気味な形をとってください。

◆ソフトにしたいならアイブロウパウダーで

眉毛を描く時のメイクアイテムとして、ここ最近は「アイブロウペンシル」「アイブロウパウダー」「アイブロウマスカラ」の3点が主流です。

ナチュラルメイク派の方や大人しめのオフィスメイクをしたい場合は、アイブロウパウダーで全体をふんわりと描き、最後にアイブロウペンシルで眉尻をプラスするのがオススメ。

眉毛がまばらな場合も、最初にパウダーで全体を描いてから、ペンシルの先で眉毛が足りない地肌部分を描き足してみましょう!

今はアイブロウペンシルで輪郭を取ったり、しっかりと全体を描く、というのはNG。あくまでふんわりと、毛流れが分かるようにナチュラルさを残しつつ、太さで存在感を出しましょう。

◆髪色に合わせた眉色の選び方

もしも髪色と眉毛の色がかなり合っていないのなら、アイブロウマスカラを活用しましょう。

基本的には、眉毛は髪色よりも少しだけ明るい色がオススメです。とはいえ、髪色との色の相性がまったく異なる色合いのマスカラは避けてください。

たとえば髪色が「赤みブラウン」なのに、アイブロウマスカラが「イエローブラウン」では、眉毛だけが顔からかなり浮いて見えます。この場合は髪色と合わせて、アイブロウマスカラも「赤みブラウン」にしてくださいね。

ただしもしもいつもとは違ったメイクで遊びを加えたい場合は、定番のアイブロウパウダーに(その日に使う)アイシャドウやチークのカラーを足してみても。

赤みやオレンジ味をアイブロウにプラスすると表情が大人かわいくなり、オシャレ度がアップしますよ! アイシャドウやチークのカラーとリンクするので、統一感が出るのも高ポイントです。

◆ハンサムアーチ眉で美人度をアップさせて!

もしも何年も同じ眉毛の描き方なら、今年は少しだけ冒険してみませんか?

アイブロウひとつで美人度が上がれば、表情までもガラリと変わるかもしれません。

ハンサムアーチ眉イメージ

しっかりメイク派は「よりふんわり」とパウダーで、ナチュラルメイク派は「太めの(眉頭まで)直線より」を意識して、注目のハンサムアーチ眉でクラス感漂うオシャレを楽しんでみては!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VINTORTEトップページBEAUTY JOURNALトップページ