秋冬メイクはショコラ&赤みのアイシャドウが旬!ナチュラル派はオレンジチークでモードをねらって

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

493

季節の移り変わりとともに、気になるのが旬メイク。お顔全体を包みこむベースメイクはシーズンレスに仕上げても、ポイントのカラー使いに今っぽさをプラスしたい女性は多いハズ!
赤み系秋冬メイク
そこで2016年秋冬に注目されているポイントメイクをご紹介していきます。1パーツのみ変えるだけでオシャレ上級者の趣が出るので、ぜひご参考にしてみてください。

◆アイメイクはショコラ&赤みパレットを

海外の秋冬ファッション・コレクションでも目立っていたのが、深みのあるモードなアイシャドウ使い。

カーキやシルバーも注目度が高いですが、特に人気なのは、ショコラ(チョコレート)を思わせるブラウン系。そのなかでも赤みのあるブラウンは、日本人の肌になじみやすく、難しいテクニックがなくても奥行きのある目元を演出できると、幅広い年代の方に人気が出ています。

単色の赤みブラウンをアイホールに伸ばすだけでも、品よく女性らしいセンシュアル(官能的な、色気のある)な眼差しを作ることができます。まぶた全体に赤みを入れることに抵抗があるのなら、目尻1/3側にだけ赤みを重ねて、薄目のブラウンと赤のグラデーションを作るのもオススメです。
赤み系アイシャドウ例
さらに今年らしくするなら、下まぶたの目尻側にも赤みを入れて、印象的な横長アイに。赤みがあると肌が白く引き立つ効果もあるため、暗くなりがちな秋冬ファッションにフェミニンな柔らかさを添えられますよ。


◆ミネラルシルクアイズパレット

ミネラルシルクアイズパレット_main
使いやすいブラウン系の4色パレットで、「どれも捨て色がない!」と好評のアイシャドウ。

ショコラ系の「メイズブラウン」は、ほのかなツヤ感が大人らしい深みと輝きを作ります。
メイズブラウン
ピンク系の「サクラブラウン」は、赤みアイシャドウが初めての方でも使いやすいソフトな色合い。自然なグラデーションも作りやすく、目元だけ浮いてしまう心配はありません。
サクラブラウン
また余分な成分は配合していないため、石けんでオフできるのも◎。動きが多く荒れやすい、薄いまぶたの肌には、ミネラル&シルクから生まれた優しいアイシャドウをオンしてみては。

ミネラルシルクアイズパレットの商品詳細はこちら

◆チークはオレンジで冬のヘルシーさを

深みあるアイメイクとは反対に、ナチュラルなアイメイクも流行なのが、今年の秋冬。その場合はチークでヘルシーな顔色を作るのがオススメです。

特にトレンドなのが「オレンジ」チーク――丸く入れると幼くなってしまうため、頬骨に沿ってサッとシャープにいれると、モードな魅力を醸し出せます。
ナチュラルヌーディ系メイク
リップも同じオレンジ系で統一すれば、オレンジチークが初めての方でも簡単に上級者顔になれてステキです。

チークの色が濃いと感じた場合は、パール系のハイライトをブラシに取り、目の下部分のチークの境目をぼかせば、品よくツヤやかな表情になるので、ぜひお試しください。

◆ミネラルシルクチークカラー

ミネラルシルクチークカラーイメージ図
パウダーながら、湿式製法でしっとりとした潤いをキープし続けるチークカラー。

ふんわりヘルシーなオレンジ系の「シフォンコーラル」をブラシで軽くつければ、瞬時に内側から明るく輝く表情に。塗る位置や濃さで「大人っぽい」表情にも「アクティブ」な表情にもなれます。
シフォンコーラル
ピンク系が気になる方には、上品な青みピンクの「ローズピンク」を。肌の透明感を引き出し、ピュアな魅力を演出します。
ローズピンク
ハイライトカラーもついているため、これひとつで自分好みの立体感を簡単に作ることができます。

ミネラルシルクチークカラーの商品詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VINTORTEトップページBEAUTY JOURNALトップページ