チークは入れ方で美人度倍増!顔型別おすすめチークの入れ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

936

季節が変わるごとに雑誌などのメディアで紹介される、新しいメイクアイテムやメイク方法――しかし実際には、多くの方は「いつもの色使い」で「いつものメイク」をなんとなく続けてしまうのでは。
メイクアイテム
しかしその「いつものメイク」が、「顔の形」を活かした最良の方法なのでしょうか。もしかすると、あなたの顔とは「異なった顔の形」をモデルにしたメイク方法を、覚えてしまっているかもしれません。

そこで顔の形別にオススメしたい、「チークの入れ方」についてご紹介します。

◆代表的な顔型5パターン

顔の形は大きく分けて5パターン。「たまご」「丸顔」「面長」「逆三角形」「四角(もしくはエラ張り)」に分けられます。
顔の形4タイプ
まずは自分がどの顔の形なのかを見極め、当てはまる形を決めましょう。もしも顔の形にコンプレックスがあるとしても、それを認めて活かした方がステキになれますよ。

簡単な診断方法 

①たまご型
「眉の中央部分から下降し、唇の端の高さと交わる長さ」(眉から口までの縦の長さ)と「唇の両端から左右に線を伸ばし、両頬に当たるまでの間の長さ」(頬が細くなっている顔下部分の横幅)の比率が「1:1」

②丸顔
上記比率が「2:3」

③面長
上記比率が「3:2」

④逆三角形
上記比率が「1:2」

⑤四角(エラ張り)

上記比率が「3:2」

◆基本的なチークの塗り方

まず顔の形に関係なく、基本的なチークの塗り方として、「高く見せたい(目立たせたい)箇所に一番濃く」色が乗るように意識しましょう。

その一番濃い色の周りを自然に薄くし、グラデーションをつけると、立体感のある美人顔になります。パウダーチークの場合なら、チークブラシにたっぷり取って、手の甲もしくはティッシュで余分な粉を落としてから、一番濃い部分に乗せて、くるくると回して顔の外側へと進めます。

※チークブラシは平筆よりも、ふっくらとボリュームのある丸筆を使用することをオススメします。丸筆を使用すると、グラデーションを作りやすく、内側から血色の良いような、美しいチークを表現できます。

【オススメアイテム】
●熊野筆チークブラシ
VINTORTE熊野筆チークブラシ
素材にこだわり、究極の使い心地を求めて、熊野筆を採用しました。優しい肌あたりが自然な仕上りに。
厳選された毛質と穂先形状が完成度の高いメイクを導いてくれます。

◆顔型別チークの入れ方

①たまご型

いわゆる「基本的」なチークの入れ方がオススメ。微笑んだ時に「頬骨が一番高くなる」位置が濃くなるように、そこにブラシを置き、「こめかみ」へと「丸く」塗って下さい。

黒目よりも内側にすると幼くなり、顔も大きく見えやすいため、「黒目より外側」がポイントです。

②丸顔

丸く入れると全体がぽっちゃりになってしまうため、「頬の中心」から「こめかみ」へと、「斜めに長細く」シャープにいれましょう。
丸顔のチークの入れ方
たまご型さんと同じく、黒目よりも内側にすると幼くなり、顔も大きく見えやすいため、「黒目より外側」がポイントです。

③面長

顔の長さをカバーするために、頬の位置をじっさいよりも下気味に見せる必要があります。
面長のチークの入れ方
そのため、「頬骨よりも少し下」に「真っすぐ横向き」の「楕円形」でチークを入れましょう。また、チーク全体を黒目の「内側寄り(フェイスラインまで広げない)」にするのがポイントです。

※顔の外側まで広げると、顔が大きく見えるためご注意下さい。

④逆三角形

あごを目立たせないように、「頬骨よりも少し上」に「丸く」「円形」にチークを入れましょう。また、チーク全体を黒目の「内側寄り(フェイスラインまで広げない)」にするのがポイントです。
逆三角形のチークの入れ方
※顔の外側まで広げると、顔が大きく見えるためご注意下さい。

⑤四角(エラ張り)

エラを目立たせないように、微笑んだ時に「頬骨が一番高くなる」位置が濃くなるように、そこにブラシを置き、「横長の楕円形」で塗って下さい。
エラ張りのチークの入れ方
黒目よりも内側にすると幼くなり、顔も大きく見えやすいため、「黒目より外側」がポイントです。

※エラ部分にはシェーディングをし、輪郭を引き締めるとより効果的です。

◆メイクひとつで顔印象は大きく変わります。

色を変える冒険はなかなか難しいかもしれません。しかし「いつものアイテム」を使って、「いつもとはちょっと違った塗り方」で、ご自身の顔をもっともっと魅力的にクラスアップしてみませんか。

【オススメアイテム】
ミネラルシルクチークカラー
●ミネラルシルクチークカラー
肌にやさしく溶け込み、ピュアで透明感のある発色。いきいきとした頬を演出するチークカラー。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VINTORTEトップページBEAUTY JOURNALトップページ