季節の変わり目にゆらぐ敏感肌の原因|夏から秋に気をつけるべきスキンケア方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

436

夏の暑さが和らぎ、気温・湿度ともに過ごしやすい秋の季節が到来。顔に噴き出る汗や皮脂の量が減ったためにメイクくずれが気にならなくなった……、と思いきや、肝心のベースのお肌の調子が悪くて困ってしまう人が増えています。

ゆらぎ肌の女性

そこで「春から夏」「夏から秋」といった、季節の変わり目になると必ず肌トラブルが起こる敏感肌(ゆらぎ肌)さんのために、どうして気候の変化が肌にまで影響を与えるのかをご紹介し、おすすめの肌トラブル対処法についてご説明します。

◆秋は肌が敏感になりやすい原因って?

日差しが弱い秋になると、いつも肌荒れや乾燥肌がひどくなる――このような肌の悩みを抱えている場合、「夏の紫外線の後遺症」が原因の可能性が高いと考えられます。

紫外線にはUVA波とUVB波があり、UVA波は肌奥の真皮にまで到達し、肌の弾力を担うコラーゲンにダメージを与えます。UVB波は肌表面をやけど状態にして肌を赤く、ひどい場合には水ぶくれなどの炎症を起こし、シミのみならず皮膚がんを発症させることもあります。

このように皮膚を構成する肌細胞に、夏の間じゅう強い紫外線がダメージを与え続けることで、肌表面の細胞はもろく弱いモノとなり、また角層(角質層)内にある天然の保湿成分「セラミド」なども不足して、肌内部から乾燥状態となっています。

夏の間に水分量が減ってしまった肌はカサカサ、ゴワゴワ。さらにはバリア機能が乱れているために、ちょっとした外部刺激にでも敏感に反応してしまう「乾燥性敏感肌」になっているのです。

またUVB波によって作られたメラニン色素も、健康な肌ならば肌の生まれ変わり(ターンオーバー、新陳代謝)によって自然と排出されアカとなって剥がれ落ちますが、ターンオーバー自体が正常に行われない場合、いつまでも肌表面に残ってしまいます。

このような夏の強い紫外線の肌への影響が、夏が終わり秋を迎える頃に肌表面に現れ、乾燥やシミ・シワ、かゆみや痛みなどの肌荒れがしやすい状態になっているのです。

◆気温、湿度変化に肌がついていけないことも!

さらに秋冬に向かっては、気温が急激に下がり、空気が乾燥します。

その気温・湿度変化に適応しようと肌は皮脂量や汗の量を調整しますが、季節の変わり目は気温変化も一定ではないために、肌の状態も安定せずに皮脂量が急激に減少し、肌表面のバリア機能が乱れて肌内部の水分が蒸発し、潤い不足になるなどのアンバランスな状態になってしまいます。

◆季節の変わり目に合わせたスキンケア方法

いつも季節の変わり目になると肌トラブルが増えるなら、適切なスキンケアができていないのかもしれません。

夏に使っていたさっぱり系の化粧水や乳液を軽く塗っているだけでは、肌の乾きは加速し、過剰な皮脂分泌が起こりニキビができやすくなったり、正常なターンオーバーが行われずに角質細胞が弱り、すこしの外的刺激でヒリヒリと炎症が起きたりするのです。

秋の始まりには、夏で受けた紫外線の後遺症をケアしつつ、肌の奥からの保湿力・保水力を高めて守るスキンケアが重要。そこでたとえば、クレンジングは洗浄力が弱めのミルクタイプに替え、洗顔時には肌を手でこすらないように泡洗顔を心がけましょう。

洗顔料の泡を持つ女性

※クレンジングの注意:洗浄力が弱いタイプはメイクが落ちにくいために、肌を長時間こすってしまうことがあります。「落としにくいポイントメイク部分は専用クレンジング剤を使用する」「メイクが濃い日のみ洗浄力が強めのオイルクレンジングなどを使う」など、クレンジング剤の使い分けがオススメです。

またスキンケアアイテムは、セラミド、スクワラン、ヒアルロン酸など保湿・保水成分やレシチンのような皮膚保護成分が入ったものを選び、日焼け後のくすみが気になるようなら、ビタミンC誘導体配合のスキンケアアイテムを追加してみましょう。

なお、肌荒れがひどくすぐに刺激を感じる場合は、余分な成分が入っていないシンプルケアで、まずはターンオーバーを正常にさせることが第一です。

乾燥がひどい場合は化粧水で保湿後、ワセリン(通常の白色ワセリンを精製した「プロペト」や「サンホワイト」が、肌荒れがひどい場合にはおすすめ)で水分蒸発を防ぐ方法が有効です。

◆ゆらぎ肌の原因は生活習慣の可能性も!?

季節の変わり目で起こりやすい敏感肌、ゆらぎ肌は夏が終わる前から対策することで改善されます。

日差しが弱くなっても紫外線量はほぼ変わらないため、紫外線(UV)カットアイテムは継続して使用し、保湿ケアは手抜きをしないようにしましょう!

また睡眠不足やストレス、栄養の偏った食事も肌荒れの原因になります。肌の調子が悪いと感じたら、日々の生活習慣を見なおすことも忘れないようにしてくださいね。

◆忘れがちな紫外線対策にはミネラルUVファンデーション!


ミネラルUVファンデメイン

秋とは言え、9月10月の紫外線量は真夏の70%前後。過ごしやすい気候のために外出時間が増えるものの、ついつい日焼け止めクリームを塗り忘れて……。

そんなうっかり敏感肌さんにオススメなのが、パウダータイプの「ミネラルUVファンデーション」。スキンケア後、お化粧下地ナシでポンポンとパフで塗るだけで、毛穴もシミもしっかりカバーしつつ透明感あるツヤ肌に!

さらに国内最高SPF50+ PA++++のUVカット値が、紫外線による光老化(シミ・シワ、たるみなど)を防ぎます。

保湿力の高いピュアシルクパウダー配合で一日中うるおい、崩れにくいのも人気の秘密です。クレンジング不要、石けん(洗顔料)だけで落ちるので、クレンジングによる肌乾燥のリスクも避けられます。

肌荒れは気になるけれど、ファンデーションで素肌をキレイに見せて紫外線対策もしたい――季節の変わり目による肌のゆらぎに悩むすべての肌質の方にオススメしたい、UVカット値国内最高かつお肌に優しいミネラルファンデーションです。
新ミネラルUVファンデーション
「ミネラルUVファンデーション」商品詳細はコチラ

◆クリアなフェイスパウダー派には「ミネラルUVパウダー」


ミネラルUVパウダーメイン
ミネラルUVファンデーションと同じく、国内最高UVカット値のSPF50+PA++++な「ミネラルUVパウダー」。こちらはミネラルUVファンデーションとは異なり、色がつかないクリアタイプのフェイスパウダーです。

肌色を選ばないため、お手持ちのファンデーションの上から重ねたり、メイク下地不要のため「ミネラルUVパウダー」のみでナチュラルメイクを仕上げたりと、幅広く使って頂けるお役立ちアイテムです!

ミネラルUVパウダー
「ミネラルUVパウダー」商品詳細はコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VINTORTEトップページBEAUTY JOURNALトップページ