BEAUTY LIFE2016/4/22UP

黒木 絵里さん

メイクアップアーティスト
美容ライター
黒木 絵里さん

〜夏までにつくる「差がつくボディスキンケア」〜

夏の足音が、少しずつ近づいてきています。紫外線が強まり、顔のことばかり気にしがちな私たち。しかし気温が高くなるにつれ、肌を露出するファッションが多くなったにもかかわらず、ヒジやヒザなどに「冬の名残」があってはテンションもガタ落ち。夏の足音が近づいている今だからこそ、周りと差がつく「ボディスキンケア」で準備をしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

455

季節は、春本番。抜けるような青空、心地よい風、遠くで鳴く鳥のさえずり。夏の足音が、少しずつ近づいてきています。

紫外線が強まり、顔のことばかり気にしがちな私たち。

日差しのなか微笑む女性
ちょっと待って。肌は、顔だけではありません。気温が高くなるにつれ、肌を露出するファッションが多くなったにもかかわらず、ヒジやヒザなどに「冬の名残」があってはテンションもガタ落ち。

夏の足音が近づいている今だからこそ、周りと差がつく「ボディスキンケア」で準備をしましょう。

湯船に浸かりながらのケア

気温が暖かくなってきたからといって「湯船に浸かることをやめない」ことが、肌だけでなく、心や身体にとっても吉と出ます。

しかし入浴剤などを何も入れない「さら湯」は、何も入っていないからこそダイレクトにその熱が感じられ、肌へのダメージになることも……。

そんなときには、湯船に浸かりながらケアができる「バスソルト」がオススメ。特に、アラビア半島北西に位置する死海の塩は、ミネラル分が豊富で「美肌作用」や「保湿作用」など、嬉しいことが盛りだくさんです。

お風呂上がりにマストなケア

お風呂上がりにすぐ、顔を化粧水や乳液などでケアをするのと一緒で、体もケアを欲しています。

「体にも化粧水を!」とまでは言いませんが、ボディ用乳液やクリーム、オイルなどの保湿アイテムで、入浴で失われた水分や油分を補うことがマストです。

年齢の出やすい首元はもちろん、腕や足、体の隅々まで保湿をするのが美肌の基本。スキンケアとボディケアは、一連の流れとして行うとよいでしょう。

角質が溜まりやすいところはスペシャルケアを

ヒジやヒザ、くるぶしやかかとは、どうしても角質が溜まりやすいところ。そのため、ケアを怠ると角化が進み、硬くなってしまう人もしばしば。

夏のサンダル姿で、「コチコチかかと」ほど見苦しいものはありません。

角質ケアは、基本的に保湿が命。それでもなかなか……という人は、週に1度のスペシャルケアで美肌への近道を。

入浴時に、オイルが混ざったバスソルトや、ボディスクラブなどで、気になる箇所を優しくマッサージ。すると、古い角質がはがれやすくなり、後に塗る保湿アイテムがより作用しやすくなります。

くれぐれも、ゴリゴリ・ゴシゴシはしないように!

自分の肌を「優しく穏やかに」愛でるのが、ボディスキンケアのポイントです。
サンダルを履いた女性の脚
こうしたボディスキンケアを毎日行うことで、来る夏のあなたの肌は、群を抜いて輝くことでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VINTORTEトップページBEAUTY JOURNALトップページ