繰り返すかゆみと炎症-アトピー肌の要因と予防方法を知って、炎症サイクルをストップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

208

乳幼児の頃からだけでなく、大人になってからも発症する方が増えている「アトピー肌」。強いかゆみが伴い、かきむしるとジュクジュクとした肌状態になってしまいます。
カラダのかゆみに悩む女性
少しかゆみやかぶれが改善されても、何らかのきっかけにより、すぐにぶり返してしまうのもアトピー肌の難点です。まずはアトピー肌の要因を知り、予防発想から改善策を探ってみましょう。

◆アトピーの原因

アトピー肌を引き起こす特定の原因は、残念ながらはっきりとは解明されておらず、医師内でも様々な見解が存在します。

いわゆる空気汚染やハウスシック、ダニや花粉・ホコリ、その他シャンプーなどに含まれる化学物質などは原因の一要素とも言われますが、これらはアレルギー反応を「引き起こしやすい」というだけで、これらが原因で全ての方がアトピーを発症する事はありません。

◆セラミドとバリア機能

ただし、アトピー肌の方の皮膚には「セラミド」が元々少ないことが判明しています。

セラミドとは表皮(肌表面)の一番上にある「角(質)層」に存在し、水分保持機能を果たす「細胞間脂質」を作る主成分(約50%)です。このセラミドが不足していると、皮膚細胞内で水分をキープすることが難しくなるため、当然ながらお肌は乾燥してしまいます。

肌が乾燥するということは、細胞間にスキマができてスカスカの状態になっていることを意味します。すると外部刺激から肌を守る「バリア機能」が十分に働かなくなり、正常な状態では反応しないような刺激にも過敏になってしまうのです

◆乾燥予防で悪循環をストップ

そのため、アトピー肌にはセラミドを補給することが、かぶれの「予防処置」として有効であると言えます。
※薬ではないため、アトピーの「改善」ではなく、あくまで「予防」としての効果です。
すでに荒れている部分に「セラミド配合を謳った化粧品」を塗布すると、別成分などに異常反応することがあります。炎症悪化の恐れがあるため避けましょう。

【オススメアイテム】
●保湿美容液「Le:COOC(ルクーク)PGCモイストスキンセラム」
LeCOOC(ル・クーク)PGCモイストスキンセラム(美容液)

肌内部の水分を強力に挟み込み、保湿力にすぐれたヒト型セラミドを配合した美容液。お肌を外的刺激から守り、バリア機能を助ける働きがあります。

また「ヒアルロン酸」と、さらに優れた水分保持率を誇る「プロテオグリカン」も配合。肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を促進させ、細胞を活性化させます。
※お肌に合わない場合は、ご使用をおやめ下さい。

肌の老化イメージ
かゆみ、カサつきに悩んでいるのなら、普段のケアで乾燥予防をすることから始めませんか。バリア機能を高めることで炎症サイクルを止め、肌本来の再生能力を高めていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VINTORTEトップページBEAUTY JOURNALトップページ